邪術師

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

邪術師/Warlockは、クリーチャー・タイプの1つ。読んで字の如く、邪悪な魔術の使い手。


Tempting Witch / 誘いの魔女 (2)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 邪術師(Warlock)

誘いの魔女が戦場に出たとき、食物(Food)トークンを1つ生成する。(それは「(2),(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:あなたは3点のライフを得る。」を持つアーティファクトである。)
(2),(T),食物1つを生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは3点のライフを失う。

1/3


Piper of the Swarm / 群れの笛吹き男 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 邪術師(Warlock)

あなたがコントロールしているネズミ(Rat)は威迫を持つ。
(1)(黒),(T):黒の1/1のネズミ・クリーチャー・トークンを1体生成する。
(2)(黒)(黒),(T),ネズミ3体を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とし、それのコントロールを得る。

1/3


Alela, Artful Provocateur / 巧妙な工作員、アリーラ (1)(白)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — フェアリー(Faerie) 邪術師(Warlock)

飛行、接死、絆魂
他の、あなたがコントロールしていて飛行を持つクリーチャーは+1/+0の修整を受ける。
あなたがアーティファクトかエンチャントである呪文を唱えるたび、飛行を持つ青の1/1のフェアリー(Faerie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

2/3

エルドレインの王権で新設されたクリーチャー・タイプ。同時期のオラクル更新にて、カード名Warlockを含む戦慄の魔術使い/Dread Warlockも邪術師となった。

いずれもを含む。ほとんどが黒単色、かつ人間のクリーチャー・タイプを併せ持つ。「魔法使い系」のクリーチャー・タイプの例に漏れず、サイズ小型のものが多く、能力を活用するシステムクリーチャーが多い。

伝説の邪術師はJumpstart現在、巧妙な工作員、アリーラ/Alela, Artful Provocateur悪意に満ちた者、ケアヴェク/Kaervek, the Spiteful八百長師、ケルス/Kels, Fight Fixerの3枚。

  • Warlock(ウォーロックまたはワーロック)とは、Wizard(ウィザード)と同様に「魔法使い」を指す言葉。古英語の「誓いを破る者」すなわち「詐欺師」を意味するwærlogaを語源とし、その由来から「邪悪な魔法使い」というニュアンスが込められる。それに対しウィザードはWise(賢い)から派生した言葉で、善悪に関係なく、単に「魔法を実践する者」となる。
    • 近世スコットランドでは「男性のウィッチ」を指す言葉として使われていたため、現在もしばしば「男性の魔法使い」として使われることもある。開発段階でも新たに追加するクリーチャー・タイプをWarlockにすべきかWitchにすべきか議論が行われたが、「最近のビデオゲームではWarlockの方が多く使われていた」「現実世界との繋がりをそう強く感じさせない(歴史上の出来事である魔女狩りを想起させる、現代でも魔女の宗教が存在する、など)」という理由からWarlockが選ばれた[1]
    • 魔女(Witch)と名のつく過去のカードは複数あるが、それらはいずれも邪術師にはなっていない。
  • Mark Rosewaterは邪術師を新設する利点として、「呪文の使い手」を表すクリーチャー・タイプがクレリックウィザード・邪術師・シャーマンドルイドの5つになり、それぞれと関連付けられると述べている[2][3]。なお、これらのクリーチャー・タイプが単色に限定されるということではなく、これからも黒のクレリックは作られ続けるとのこと[4]

[編集] 脚注

  1. Singing in the Eldraine/エルドレインに唄えばMaking Magic 2019年9月16日 Mark Rosewater著)
  2. Is Cleric considered a "spellcaster" type? Are...Blogatog 2019年9月6日)
  3. "Cleric, Wizard, Warlock, Shaman and Druid" and...(Blogatog 2019年9月6日)
  4. The Warlock thing saddens me (a little, you do...(Blogatog 2019年9月15日)

[編集] 参考

QR Code.gif