ジャバーリー/Jabari

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ジャバーリー/Jabariは、ザルファー/Zhalfirのシダー(将軍)である、非凡な軍人・哲学者肌の精鋭騎士・優秀な指揮官。男性。フレイバー・テキストではシダー(sidar)の意味を補って「シダー(将軍)ジャバーリー」と表記されている。

  • 「Jabari」はスワヒリ語で「great(偉大な)」または「brave(勇敢な)」を意味する言葉に由来。

目次

[編集] 概要

黒髪は短く、髭は無し、肌は褐色。ピカピカの白銀の鎧で全身を固め、鎧の上に陣羽織のような濃い青と深い緑色の上着をはおり、手には長剣を携える。白馬に跨る姿は堂々たる理想の騎士像そのもの(イラスト1イラスト2)。

哲学者めいた口調を好み、穏やかな物腰で熟慮して話す。軍人にならなければザルファー社会の高名な哲学者となっていたのではないかとの風評。ザルファーの統治を正当と疑わず、国を守るためになら最後の1人となっても戦う、という愛国者。

ジャバーリーの指揮する軍はザルファー最大の常備軍であり、アスカーリ/Askariの精鋭騎士団を複数含んでいる。兵士のほとんど全てが古参兵であり、自軍より数で勝る敵軍を退けてきた実績を誇る。

ジャバーリーとラシーダ/Rashidaが同盟を組めば向かうところ敵なしと言われるものの、残念なことに両者の戦術へのアプローチは全く異質である。

[編集] 経歴

ザルファーの富裕な家庭に生まれ、長じて軍人となる。切れ者のジャバーリーは、家族の後ろ盾もあり、着実に昇進していく。

ケアヴェク/Kaervekが戦争を始めた折、ザルファーのシダーとして軍団を率いて奮戦する。

開戦から1年以上が過ぎた頃、夢で啓示を受ける。その1週間後、同様にテフェリー/Teferiの幻視に導かれたアズマイラ/Asmira、ラシーダ、ハキーム/Hakimと首都キパム/Kipamu近くで落ち合い、マンガラ救出の策を練る。ジャバーリーの任務はハキームと共にケアヴェクの注意を惹きつけておく陽動作戦である。

夢に導かれるジャバーリーは、国境都市Ufunguo(アーファングォウ)の生存者をテフェムブルー/Tefemburuに誘導するが、溢れる難民に街はパンク寸前の過密状態になる。だが、ラシーダらマンガラ救出部隊の成功には、ケアヴェクの注意をこの都市に留めておく必要があるのだ。

ジャバーリーの読み通り、ケアヴェクのアンデッド、堕落したスピリット、獣、ドラゴンの軍勢はテフェムブルーに押し寄せてくる。ジャバーリーの指揮の下、地上の攻撃は退けられ、空からの襲撃も射手隊に射落とされるが、敵軍との数の差は歴然、都市の陥落は1週間と先のことではない。

危機的状況であったが、ハキームが夢で授けられた魔法の物語を人々に語って聞かせると、包囲軍は姿を消してしまう。この好機にジャバーリーとハキームは民衆を都市から脱出させる。そして翌日、再び出現したケアヴェク軍は無人の市内に突入し、ギルド魔道師の魔法の罠に掛かって都市と共に爆発して壊滅する。

一方、ラシーダも任務を遂行しマンガラを解放する。ウーザーク/Uuserekでマンガラがケアヴェクを破った後は、ジャバーリーはラシーダと連合軍を組みケアヴェク軍残党を山脈へと押し遣る。敗北を嗅ぎ取ったヴィーアシーノとそのドラゴンらは大砂漠/The Great Desertへと戻っていった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

ミラージュ
ジャバーリーの威光/Jabari's Influence
ウェザーライト
ジャバーリーの旗印/Jabari's Banner

[編集] フレイバー・テキストに登場

ミラージュ
警告の叫び/Alarum怒涛の突進/Barreling Attack梢のドラゴン/Canopy Dragon神への捧げ物/Divine Offering、ジャバーリーの威光/Jabari's Influence、鋼の儀式/Ritual of Steelザルファーの指揮官/Zhalfirin Commander
ビジョンズ
軍隊蟻/Army Ants霊感/Inspirationレジスタンス兵/Resistance Fighter戦士の誉れ/Warrior's Honor
第6版
霊感/Inspiration、レジスタンス兵/Resistance Fighter
スターター
霊感/Inspiration
時のらせん
ザルファーの指揮官/Zhalfirin Commander
ナイツvsドラゴンズ
ザルファーの指揮官/Zhalfirin Commander

[編集] イラストに登場

ミラージュ
ジャバーリーの威光/Jabari's Influence

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif