スークアタ/Suq'Ata

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


スークアタ/Suq'Ataは、ドミナリア/Dominariaジャムーラ/Jamuraa大陸にある商業国家。フェメレフ/Femerefザルファー/Zhalfirと共に北西ジャムーラの主要な三国を形成する。


目次

[編集] 歴史

ポータル/Portalを通じてドミナリアにやってきたワイルドファイア/Wildfireラバイア/Rabiahの住人によって建国され、ジャムーラを横断するキャラバンによって発展した。そのため建造物には彼らの次元の文化が色濃く残っている。

スークアタにはラバイアの古き文化である暗殺者の習わしがあり、秘密組合のネットワークが存在する。スークアタのアサシンは、召喚、恐怖、精神衰えの魔法を使いこなし、時間をかけて相手を倒す術を身に着けている。

[編集] ミラージュ戦争

他の二国との国交はマンガラ/Mangaraによって調停され、黄金時代と呼べる良好な関係を築いていた。

ケアヴェク/Kaervekによって引き起こされたMirage Wars(ミラージュ戦争)では、フェメレフ、ザルファーと共に大評議会(great council)を設ける。ストーリーの主要人物の一人である語り部ハキーム/Hakimはスークアタの出身。

スークアタの民は商いを信ずる。フェメレフの民は施し。そしてザルファーの民は鋼を。ケアヴェクよ、覚悟するがいい ――― いまや我らはひとつになった。
シダー(将軍)ジャバーリー

[編集] 領土の消失

ファイレクシア/Phyrexiaによるドミナリア侵略に対し、テフェリー/Teferiはザルファーを守るため大規模なフェイズ・アウトを行う。その際、スークアタの領土の大部分も同時にフェイズ・アウトさせられた。その後、時のらせんの物語でザルファーが帰還不能になり、スークアタの領土も失われたままになった。

しかしスークアタの北東部分はドミナリアに残っており、そのすべてが失われたわけではない。

[編集] ドミナリア

白い石造りの建築物が高く立ち並び、巨大な市場を持つ大きな都市に発展している。

ドミナリア中の人々が集まっているが、フェメレフやザルファーの血筋を持つ住民も多い。商店では品物を守る機械仕掛けの動物の姿も見かけることができる。

あるとき、商隊の経路地図を盗み出そうと陰謀団/The Cabalの工作員がスークアタの都市に潜り込むも、彼らを追っていた女剣士シャナ/Shannaがこれを討ち倒す。衛兵と見物人が集まり現場は騒ぎになるが、そこへ一人の女性がやってくる。彼女――ジョイラ/Jhoiraは、シッセイ/Sisayの子孫であるシャナを探していたのだった。[1]

[編集] 関連カード

[編集] 参考

  1. Return to Dominaria: Episode 3/ドミナリアへの帰還 第3話(Magic Story 2018年3月28日 Martha Wells著)
QR Code.gif