クルフィックスの預言者/Prophet of Kruphix

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Prophet of Kruphix / クルフィックスの預言者 (3)(緑)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

他の各プレイヤーのアンタップ・ステップに、あなたがコントロールするすべてのクリーチャーとすべての土地をアンタップする。
あなたはクリーチャー呪文を、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。

2/3

アンタップするのが土地クリーチャーに限定された代わりに、クリーチャーをインスタント・タイミング唱えられるようになった種子生まれの詩神/Seedborn Museタフネスも一回り小さくなった。

クリーチャーとしてのスペックは最低限のものでしかないが、その能力の強烈さは覚醒/Awakeningや種子生まれの詩神が証明済み。多色になりやや使いづらくなったものの、自分対戦相手の両方のターンマナが出せてスキが埋まるのはの戦術とも噛み合っている。

リミテッドではクリーチャーを何でもコンバット・トリックとして使えるようになり、カード・アドバンテージを取りやすくなる。授与を持つクリーチャー・エンチャントでこれ自身を火力などから守ることも可能。

スタンダードでは特に首席議長ゼガーナ/Prime Speaker Zeganaとの相性を見込まれ、タッチ青の緑信心で使われている。

統率者戦では2016年1月18日より禁止カードに指定された。緑青デッキの多様性を狭めていると判断されたための措置である。

[編集] ルール

  • 1つ目の能力は誘発型能力ではなく、他のプレイヤーアンタップ・ステップ中のルールを変更する常在型能力である。そのため、これを2体以上コントロールしていても1体しかコントロールしていない場合と変わらない。種子生まれの詩神/Seedborn Museの項目も参照。
  • 瞬速は唱え始める前に機能する能力である。よって、クリーチャー・エンチャント・カード授与によって唱える場合も適用することができる。
  • 手札以外の領域にあるクリーチャー・カードも、瞬速を持っているかのように唱えることができる。
  • クルフィックスの預言者自身は瞬速を持たないため、これをインスタント・タイミングで唱えることはできないことに注意。

[編集] 参考

QR Code.gif