アダントの先兵/Adanto Vanguard

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Adanto Vanguard / アダントの先兵 (1)(白)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 兵士(Soldier)

アダントの先兵が攻撃しているかぎり、これは+2/+0の修整を受ける。
4点のライフを支払う:ターン終了時まで、アダントの先兵は破壊不能を得る。(ダメージや「破壊」と書かれた効果では、これは破壊されない。)

1/1

攻撃時のみ3/1になる吸血鬼ウィニー破壊不能得る起動型能力も併せ持つ。

マナカードも必要なく、ライフ支払いのみで破壊不能を得られるのは強力で、テンポカード・アドバンテージを失わずに除去ブロッカーを跳ね除けることができる。しかし4点のライフというのは気軽に払えるものではなく、3/1でしかないこのクリーチャーを守るために支払うべきかどうかは十分に考える必要がある。

リミテッドでは4点のライフを払っても対戦相手のライフを先に削り切れる攻撃的なデッキでの採用が考えられるか。一応無敵のチャンプブロッカーとしても使えるが、やはり攻撃させていきたいところ。イクサランの吸血鬼はライフを回復したり絆魂を持つトークン生成したりする能力の持ち主が多く、特に薄暮の使徒、マーブレン・フェイン/Mavren Fein, Dusk Apostleとは能力もマナカーブもきっちり噛み合っていて好相性。

スタンダードでは搭乗2以上の機体との相性こそ良くないものの、を含むアグロが組めるなら採用できる性能。実際に白単吸血鬼緑白アグロでは4枚投入され、プロツアー「イクサラン」という大舞台で実績を残した。

[編集] 開発秘話

元は最初からサイズが3/1のクリーチャーだったが、開発期間中にスタンダードのマルドゥ機体が強力なデッキであることが判明し、キランの真意号/Heart of Kiranの新たな搭乗要員とならないよう、「攻撃時の誘発型能力で+2/+0修整を受ける1/1クリーチャー」に変更された。その後、マジックのデジタルゲームにおける不要なクリックの手間を減らすため、自己強化はスタックを用いない常在型能力の書式に変更された[1]

[編集] 脚注

  1. The M-Files: Ixalan Edition, Part 1/Mファイル『イクサラン』編・パート1(Play Design 2017年10月13日 Melissa DeTora著)

[編集] 参考

QR Code.gif