リスの将軍、サワギバ/Chatterfang, Squirrel General

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(アリーナにおけるテキスト異常)
 
17行: 17行:
 
*3/3はリスとしてはかなり強大に見えるが[[アン・ゲーム]]だと普通、というか[[リス伯爵/Earl of Squirrel|もっとデカいの]]もいる。[[黒枠]]でも[[クローサの獣/Krosan Beast|8/8になれたり]][[秘密を知るもの、トスキ/Toski, Bearer of Secrets|破壊不能だったり]]と、元々1/1のトークン専用の[[クリーチャー・タイプ]]だった性質とのギャップを狙ってか[[パンプアップ]]手段を持つカードも多く、単体で将軍より強いのもちらほら見られる。
 
*3/3はリスとしてはかなり強大に見えるが[[アン・ゲーム]]だと普通、というか[[リス伯爵/Earl of Squirrel|もっとデカいの]]もいる。[[黒枠]]でも[[クローサの獣/Krosan Beast|8/8になれたり]][[秘密を知るもの、トスキ/Toski, Bearer of Secrets|破壊不能だったり]]と、元々1/1のトークン専用の[[クリーチャー・タイプ]]だった性質とのギャップを狙ってか[[パンプアップ]]手段を持つカードも多く、単体で将軍より強いのもちらほら見られる。
 
*勘違いされることが多いが、リス好きで知られる[[Mark Rosewater]]がデザインしたわけではない<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/making-magic/modern-approach-part-1-2021-05-24 A Modern Approach, Part 1]/[https://mtg-jp.com/reading/mm/0035064/ モダンの手法 その1]([[Making Magic]] [[2021年]]5月24日 [[Mark Rosewater]]著)</ref>。彼は[[モダンホライゾン2]]の[[展望デザイン・チーム]]に参加していない。
 
*勘違いされることが多いが、リス好きで知られる[[Mark Rosewater]]がデザインしたわけではない<ref>[https://magic.wizards.com/en/articles/archive/making-magic/modern-approach-part-1-2021-05-24 A Modern Approach, Part 1]/[https://mtg-jp.com/reading/mm/0035064/ モダンの手法 その1]([[Making Magic]] [[2021年]]5月24日 [[Mark Rosewater]]著)</ref>。彼は[[モダンホライゾン2]]の[[展望デザイン・チーム]]に参加していない。
 +
 +
*[[MTGアリーナ]]においては[[Jumpstart: Historic Horizons]]にて実装されたが、日本語版の[[ルール・テキスト]]に[[誤訳]]があり、「あなたのコントロール下でトークン1つ以上が生成されるなら、代わりに、'''それらのトークンの数に1を足した数の'''緑の1/1のリス・クリーチャー・トークンが生成される。」となっている。上述の通り、この能力は本来生成されるトークンを置き換えるものではないので注意。
  
 
==[[ルール]]==
 
==[[ルール]]==

2024年7月11日 (木) 00:29時点における最新版


Chatterfang, Squirrel General / リスの将軍、サワギバ (2)(緑)
伝説のクリーチャー — リス(Squirrel) 戦士(Warrior)

森渡り(防御プレイヤーが森(Forest)をコントロールしているかぎり、このクリーチャーはブロックされない。)
あなたのコントロール下で1つ以上のトークンが生成されるなら、代わりに、それらのトークンに加えてそれらのトークンの数に等しい数の緑の1/1のリス(Squirrel)・クリーチャー・トークンが生成される。
(黒),リスX体を生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+X/-Xの修整を受ける。

3/3

あなたトークン生成する際に同量のリスを呼び出し、リスを生け贄クリーチャーに+X/-Xの修整を与える伝説のリス戦士

3マナ3/3で渡りと本体スペックは及第点程度。積極的にトークンを生む事で戦場を補強し、生け贄能力も活かしていく指向性になっている。基本的にはトークン運用をする部族なので、単純に倍々ゲームでリスを出していく事ができる。実質2マナのリス・クリーチャーと呼べる新緑の命令/Verdant Commandとの併用は有力だろう。

とはいえ順調に盤面を作っても全体除去で流されてしまう事を考えると、トークン生成カード、サクり台、クリーチャーETB誘発する能力などと併用して無限コンボを組むの方が強力。いくつか例を示せば、

など

モダン向けを主眼としたセットで登場したが全体的に統率者戦向けのデザインをしており、モダンで活躍の機会に恵まれるかは今後の部下やコンボパーツの充実度次第と言える。

トークンなら何でもいいので、ゴルガリ・フードに採用された実績がある。

  • MTGアリーナにおいてはJumpstart: Historic Horizonsにて実装されたが、日本語版のルール・テキスト誤訳があり、「あなたのコントロール下でトークン1つ以上が生成されるなら、代わりに、それらのトークンの数に1を足した数の緑の1/1のリス・クリーチャー・トークンが生成される。」となっている。上述の通り、この能力は本来生成されるトークンを置き換えるものではないので注意。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

サワギバ/Chatterfangは、何処かの次元/Planeに棲むリス戦士。雄。首には牙のネックレスを着けている(イラスト1イラスト2)。

影森/The Umbra Forestのリスたちは長く平和な生をずっと楽しんできた。隣の瘤背山脈/Ridgeback Mountainsのドレイクたちが餌を求めて侵略し、彼ら全員を喰らおうとするまでは。二年前の夏の名高いオークファイア戦役/The Orcfire Campaignの古参兵であったサワギバは、戦闘リスの軍隊を結集し、ドレイクを追い返して忘れられない教訓を叩き込んだ。彼自身も独力で十体以上のドレイクを倒し、今はその牙を身に着けている。戦利品として――そして侵略者を志望するすべての者への警告として。

モダンホライゾン2のプレリリースキットに同梱されている特別冊子「多元宇宙のリスたち」は軍を率いる邪悪なリスという句でサワギバを紹介している。とはいえ現状語られている程度の背景ストーリーでは正当防衛専門でそんなに邪悪には見えない。

  • chatterは「けたたましく鳴く、ぺちゃくちゃ喋る」、fangは「牙」の意。日本語名は「騒ぎ」+「牙」だろう。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 脚注

  1. A Modern Approach, Part 1/モダンの手法 その1Making Magic 2021年5月24日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif