ブロール

提供:MTG Wiki

Brawlから転送)
移動: 案内, 検索

ブロール/Brawlはカジュアル変種ルールの1つ。統率者戦のバリエーションで、一口で言えばスタンダードカードプールで遊ぶ統率者戦。

目次

[編集] 解説

統率者戦は人気フォーマットであるが、カードプールの広大さに伴う参入障壁の高さに問題があった。より気軽に遊べる統率者戦としてGerritt Turnerによって考案され、ウィザーズ社に持ち込まれたのがブロールである。

  • ブロールとは「(公衆の面前での騒々しい)喧嘩・殴り合い」、転じて「賑やかなパーティー」のこと。

[編集] ルール

基本的なルールは統率者戦に準ずるが、以下にブロール特有のルールを記載する。

統率者戦の項も参照のこと。

[編集] 構築ルール

伝説のクリーチャーカードを1枚、あるいはプレインズウォーカー・カードを1枚選び、それを統率者とする。

統率者の固有色ルールに従い、ハイランダー構成でデッキを構築する。ただし、固有色が無色である統率者を使用する場合のみ、平地/Plains島/Island沼/Swamp山/Mountain森/Forestの中から1種類を選んでデッキに投入可能である。

デッキの枚数は、統率者と合わせて60枚である。サイドボードは使用しない。

[編集] ゲームルール

プレイヤー開始時のライフの総量‎は30点である。2人対戦の場合に限り、開始時のライフの総量‎は25点になる。

対戦人数に関係なく、多人数戦マリガンルールを適用する。すなわち、最初の1回は手札を減らさず7枚のままでマリガンすることができる。詳細はマリガンの項を参照。

統率者ダメージのルールは適用しない。

[編集] 使用カード

現行のスタンダードセットに含まれるカードが使用可能だが、禁止カードはスタンダードのものではなく、ブロール独自の禁止リストを用いる。

2018年10月4日現在、以下の1枚を禁止カードとする。

[編集] 旧ルール

  • 2018年7月9日のルール改定[1]以前の旧2人対戦用ルールは以下の通り。
    • 下記2018年5月10日のルール改定により開始時のライフの総量は20点に変更されていたが、このさらなる改定で25点となった。
    • マリガンルールは2人対戦用マリガンルールに準じたものだった。この改定でいわゆる「フリー・マリガン」が採用された。
  • 2018年5月10日のルール改定[2]以前の旧ルールは以下の通り。
    • 固有色が無色である統率者を使用する場合、通常の統率者戦と同様、固有色を持つカードをデッキに入れることはできなかった。
    • 2人対戦であっても開始時のライフの総量は30点であった。この改定により20点に変更された。
    • 禁止カードはスタンダードに準じたものだった。この改定により独自のリストを用いることになった。

[編集] 脚注

  1. Checking in on Brawl(Feature 2018年7月9日 Gavin Verhey著)
  2. ブロールの展望/The Future of Brawl(News 2018年5月10日 Gavin Verhey著)

[編集] 参考

QR Code.gif