地質鑑定士/Geological Appraiser

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Geological Appraiser / 地質鑑定士 (2)(赤)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 工匠(Artificer)

地質鑑定士が戦場に出たとき、あなたがこれを唱えていた場合、発見3を行う。(マナ総量が3以下であり土地でないカード1枚が追放されるまで、あなたのライブラリーの一番上から1枚ずつ追放していく。それをそのマナ・コストを支払うことなく唱えるか、あなたの手札に加える。残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。)

3/2

戦場に出たとき発見3を行う人間工匠

クリーチャーとしては3/2という2~3マナ域相当のスペックであるため、2~3マナのカードを発見で唱えられれば十分な結果と言える。

誘発条件に「唱えた時」という制約があるので明滅コピートークン生成では再利用できないが、地質鑑定士のコピーとして戦場に出られるカードを唱えてこれをコピーしたならば再利用できる。スタンダードに該当条件を満たす3マナ以下のカードは存在しないものの、パイオニアならば玻璃池のミミック/Glasspool Mimicなどを用いて連鎖可能。

スタンダードではラクドス・ミッドレンジに採用される。

パイオニアでは発見デッキを成立させた。これは発見先を異界の進化/Eldritch Evolution(および玻璃池のミミックなど、これをコピーし再利用できるカード)に絞ることでこれ1枚から嘶くカルノサウルス/Trumpeting Carnosaurを確実に呼び出せるようにし、あちらでさらなる連鎖を狙うコンボデッキであった。しかしその危険性から、後述の通りトーナメントリーガル化から1か月未満で禁止された。

単純に中堅クリーチャーカード・アドバンテージが付いてくるため、リミテッドではデッキを選ばず強力である。

[編集] 禁止指定

2023年12月4日より、パイオニア禁止カードに指定される[1]。1~2マナの対抗手段がないと最速3ターンキルが成立してしまう性質が、フォーマットを衰退させかねないと判断されたため。

[編集] 脚注

  1. December 4, 2023 Banned and Restricted Announcement/2023年12月4日 禁止制限告知Daily MTG 2023年12月4日 Dan Musser著)

[編集] 参考

QR Code.gif