罪人逮捕/Collar the Culprit

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Collar the Culprit / 罪人逮捕 (3)(白)
インスタント

タフネスが4以上のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


タフネスを参照する、の限定的な単体除去呪文光の柱/Pillar of Lightの亜種であり、その下位互換

4マナ重く小型クリーチャー頭でっかちを除去することができないなど、いささか汎用性に欠ける性能。さすがに構築ではより汎用的な除去を採用すべきだろう。

一方、リミテッドではファッティインスタント・タイミングで排除できるだけでも悪くない。特にパワー2-3程度の小粒で素早く攻め立てるボロスカラーにとっては、序盤からブレーキをかけてくる壁役への対策として丁度いい。とはいえ何も考えずに積む腐ることもあるので、敵の戦力を見てサイドボードから投入しても良いだろう。

  • "Collar"は衣服の、あるいは首飾り首輪を表す言葉だが、ここでは「首枷・束縛」という意味から「逮捕する」ことを表す動詞的な用法で使われている。

[編集] ストーリー

このカードは、都市への破壊活動を行うグルール一族/The Gruul Clans巨人ボロス軍/Boros Legionの小隊が鎮圧しようとする場面を描いている。

イラストフレイバー・テキスト一斉検挙/Citywide Bustイラスト)と繋がっており、機能もよく似たものとなっている。コレクター番号も隣り合っており、公式のカードギャラリーで真っ先にこの2枚が目に入るため非常に目立っている。

「管区四箇所でグルールの暴徒の報告。でかいのから始めて順番に片付けろ。」

(出典:罪人逮捕/Collar the Culprit)
「お前たち、きっと留置場を気に入るよ。最高にまずい飯。とても低い天井。」

(出典:一斉検挙/Citywide Bust)

その後、ラヴニカの献身ではさらなる続きの公判への移送/Bring to Trialが登場。容疑者はアゾリウス評議会/The Azorius Senateに引き渡され、裁判所へ移送させられている(イラスト)。

「さあ入れ、大きいの。頭には気をつけろ。」
(出典:公判への移送/Bring to Trial)

[編集] 開発秘話

このカードと一斉検挙/Citywide Bustの「高いタフネスを持つクリーチャーを破壊する」という効果は、カラーパイにおける役割上、適正かどうかについて色の協議会で議論を巻き起こした[1][2]

白は復仇/Reprisalに見られるように大型クリーチャーを破壊することに長けていたが、4/1が大型として扱われ3/4は違うというのはおかしいという考え方から、高いタフネスを持つクリーチャーを破壊するのは白の役割だという肯定的な意見があった。一方で、にもタフネスを参照するカードが存在しており、それは火力やマイナス修整と関連しているという考え方から、白の役割ではないという否定的な意見も存在した。しかし火力やマイナス修整は小さなクリーチャーを殺す効果であり、赤と黒は大型クリーチャーを殺すのには長けていないとされた。またもクリーチャーを殺す色ではないため、除外された。

最終的に「高タフネスを破壊する」ことは大型クリーチャーを破壊できる白が一番近いと結論づけられた。ただし、これは今後も似たカードが頻繁に作られることを示すわけではない。

[編集] 参考

  1. 都からの話(Making Magic 2018年9月24日)
  2. M-Files: Guilds of Ravnica – Monocolor/Mファイル『ラヴニカのギルド』編・単色(Play Design 2018年10月5日)
QR Code.gif