綱投げ、アキリ/Akiri, Line-Slinger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Akiri, Line-Slinger / 綱投げ、アキリ (赤)(白)
伝説のクリーチャー — コー(Kor) 兵士(Soldier) 同盟者(Ally)

先制攻撃、警戒
綱投げ、アキリは、あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき+1/+0の修整を受ける。
共闘(両方が共闘を持つなら、あなたは2体の統率者を使用できる。)

0/3

統率者2016に登場したゼンディカー/Zendikarコー/Kor戦闘に有利な2つのキーワード能力と、アーティファクトの数によりパワーが増加する能力を持つ。

素のサイズこそ貧弱だが、アーティファクトの数によってどんどんサイズが大きくなる。統率者戦ではマナ・アーティファクトを始め多くのアーティファクトが採用されるため、意識すればかなり大きいサイズまで成長する。

特に赤白装備品シナジーを持つカードを多く擁する色であるため更に強化を狙いやすい。これを統率者にする場合は、積極的にアーティファクトを展開して加速しつつ殴ることになるだろう。

2種類の色マナが1点ずつと軽いマナ・コストも利点で、これを出してからアーティファクトを展開して強化を狙える。除去されてコストが増えても再度唱えることも難しくない。

先制攻撃警戒により戦闘には強いが、タフネスは能力で強化されないことには注意が必要。統率者戦では火力は少ないが、マイナス修整は少なくない。

共闘相手は二段攻撃を付与出来る粗野な牧人、ブルース・タール/Bruse Tarl, Boorish Herderか、除去された装備品が回収出来る求道の達人、サイラス・レン/Silas Renn, Seeker Adeptが有力。特にサイラス・レンは自身がアーティファクトとしてカウント出来る上に最高の相方である頭蓋囲い/Cranial Platingが使用出来る点が大きい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者2016共闘を持つ神話レア伝説のクリーチャーサイクル。いずれも2色のクリーチャー

統率者2016共闘を持つレア伝説のクリーチャーサイクル。いずれも対抗色の2色クリーチャー

[編集] 参考

QR Code.gif