神々の思し召し/Gods Willing

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gods Willing / 神々の思し召し (白)
インスタント

あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。色1色を選ぶ。ターン終了時まで、それはプロテクション(その選ばれた色)を得る。(それは選ばれた色のものによっては、ブロックされず、対象にならず、ダメージを与えられず、エンチャントされず、装備されない。)
占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)


占術の付いたプロテクション付与呪文

単体除去の回避、コンバット・トリック回避能力の付与など使い方は多彩。英雄的誘発させることもできる。また微弱ながらライブラリー操作も可能で、1マナカードとしてはなかなかのコスト・パフォーマンスと言える。

テーロス登場時のスタンダード環境では精霊への挑戦/Brave the Elementsも存在しており、クリーチャーを中心とするデッキではそちらの方が使い勝手が良い場面が多い。一方で神々の思し召しには、白以外のクリーチャーに使用できることや占術できるなどの利点もある。ローテーションで精霊への挑戦が落ちた後、青白英雄的で採用されている。テーロス・ブロック構築では、白赤ウィニー白青ウィニーのような、英雄的ギミックを多用するビートダウンデッキによく採用された。

基本セット2020にてスタンダードでは初の再録。環境に一種の英雄的デッキであるボロス・フェザーが存在し、ローテーションを控えた防護の光/Sheltering Lightに代わる防御手段として活躍している。

リミテッドでは、攻守に役立つ優良コンバット・トリック呪文。フィニッシャー格のカードが少ないデッキでは、それを守れるため特に重宝する。テーロス・ブロック環境では前述した通り英雄的を誘発させる手段としても役立つ。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif