テーロス・ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

テーロス・ブロック構築/Theros Block Constructedは、テーロス神々の軍勢ニクスへの旅に含まれるカードのみでデッキを構築するフォーマット

目次

[編集] 概要

多色地形神殿サイクルマナの合流点/Mana Confluenceが存在する。ミッドレンジコントロールのような中~低速のデッキは3のものが多いが、神殿がタップインということもありアグロデッキは1~2色に絞られる。

色の傾向としては、の使用率が高い。緑は森の女人像/Sylvan Caryatidクルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphixの存在により、ミッドレンジやコントロールでの使用率が非常に高い。黒は環境初期から黒単アグロ黒単信心)が活躍していたほか、様々なファッティに対処できる除去の需要も高い。白は英雄的ウィニーが存在することに加えて、何よりも環境屈指のパワーカードとも称される太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Championの存在が大きい。

コントロールデッキは、前述した通り緑を中心とするものが多い。開花の幻霊/Eidolon of Blossomsアドバンテージ力を活用するジャンク・エンチャントレス(白黒緑「星座」)、予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaverなどの優秀なフィニッシャーを持つ黒青緑コントロールがその代表例。緑を用いないコントロールには、青黒白コントロールが存在する。

ビートダウンデッキは、黒単アグロや英雄的ウィニー(赤単白青赤白)のような高速のアグロタイプと、緑系ミッドレンジに大別される。

コンボデッキは、神々の軍勢登場時よりリアニメイトが一定の勢力を保っている。その他にも、タッサの激憤/Thassa's Ireを利用した無限コンボを組み込んだデッキも一部存在している。

[編集] 禁止カード

禁止カードは存在しない。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] ビートダウン

[編集] コントロール

[編集] コンボ

[編集] 代表的な大会と優勝者の使用デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif