疲労の呪い/Curse of Exhaustion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Curse of Exhaustion / 疲労の呪い (2)(白)(白)
エンチャント — オーラ(Aura) 呪い(Curse)

エンチャント(プレイヤー)
エンチャントされているプレイヤーは、各ターンに1つしか呪文を唱えられない。


闇の隆盛で登場した呪いエンチャントされたプレイヤーにのみ効果を発揮する法の定め/Rule of Law

プレイヤー1人にしか影響しなくなったのはすばらしい強化点。対戦相手呪文カウンターしたあとさらにドロー呪文を使ったり、囮に対してカウンターや除去を使わせてから安全に本命を通したりなど、双方に制限がかかる法の定めではできなかったことができるようになった。

一方、手数と速度を重視するビートダウンバーンを妨害する手段としては、1マナ重くなったのはかなり致命的な欠点。また昨今のクリーチャーの質の向上により、ビートダウン・デッキでもフィニッシャー級と呼べる強力クリーチャーを使っていることが珍しくなく、妨害しきれない可能性も少なくない。

また法の定め同様、性質上の弱点も多い。例えば、効果的に使うにはすばやく戦場に出したいところだが、かといって複数枚あっても腐るだけなのでデッキ積みすぎるのも問題がある。また、カード・アドバンテージの面だけを見れば単体ではまったく得しない点も気になる。それらをカバーしつつ強さを上手に引き出せるか、プレイングが問われる1枚。

[編集] 参考

QR Code.gif