残忍なレッドキャップ/Murderous Redcap

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Murderous Redcap / 残忍なレッドキャップ (2)(黒/赤)(黒/赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 暗殺者(Assassin)

残忍なレッドキャップが戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。残忍なレッドキャップは自身のパワーに等しい点数のダメージをそれに与える。
頑強(このクリーチャーが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

2/2

頑強持ちのゴブリンETBで、自身のパワーに等しいダメージ任意の対象与える

プレイヤー対象に取れるうえ、パワー2は最低限の戦力にもなってくれる。ETB+頑強のおかげでうまく行けば1対複数の交換も望める優秀カードである。

特にリミテッドでは優秀。見つけたら優先的にピックしていきたい。

構築での活躍はひとえに小型クリーチャーが跋扈してくれるかどうかにかかっている。代表的なキスキンデッキフェアリーデッキエルフデッキの主力クリーチャーはタフネスが2以下のものが多いので活躍の場は少なくない。

月の大魔術師/Magus of the Moon対策としてフェアリーデッキのサイドボードなどに入ることがある。月の大魔術師が戦場に出ていても使える除去であり、プレイヤーにもダメージを与えられるため手札で腐りにくいことが評価されている。

また、柏槙教団のレインジャー/Juniper Order Ranger+ノーコスト生け贄に捧げるサクり台吸血鬼の貴族/Vampire Aristocratなど)で無限ダメージになる。 → (無限頑強)

  • ETB能力が誘発後、これが戦場を離れたら最後の情報を参照する。例えば、2/2の残忍なレッドキャップが戦場に出た時、ETB能力が解決される前に名も無き転置/Nameless Inversionを唱えれば、5/-1となり墓地に置かれるが、5点のダメージを与える。手札で腐っている名も無き転置の活用法として有効なテクニック。
  • レッドキャップとは、イングランドに伝わる妖精の一種で、人間の血を好む非常に残忍な生物であるとされる。名前の通りその帽子は赤く、人間の血で染められているという。

[編集] 参考

QR Code.gif