模写/Quasiduplicate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Quasiduplicate / 模写 (1)(青)(青)
ソーサリー

あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体生成する。
再活(あなたはあなたの墓地から、このカードを、これの他のコストの支払いに加えてカード1枚を捨てることで唱えてもよい。その後、このカードを追放する。)


自分コントロールするクリーチャーコピートークン生成する呪文フラッシュバックの代わりに再活を得てソーサリーになった大笑いの写し身/Cackling Counterpartの亜種。

本家クローン/Cloneと比べ1マナ軽いが「対戦相手の強力なクリーチャーをコピーする」使い方ができなくなっている。登場時点のスタンダードで同居している鏡像/Mirror Imageと役割が被るが、こちらは立ち消えバウンスに弱い反面、余った手札を使ってもう一度唱えられるようになっている。

リミテッドでは戦況に応じて価値が上下するが、よほどクリーチャーが少ないデッキでもない限り安定した戦力として数えられる。フィニッシャーをコピーして確固たる優位を築くのが理想だが、適当に詩神のドレイク/Muse DrakeのようなETB能力持ちをコピーするだけでも悪くない。余った土地など、不要なカードを再活で戦力に換えられるのが嬉しいところ。実質的にクリーチャーの数を減らすことなく呪文の数を水増しできるので、呪文を唱えたり墓地に落としたりすることで有利になるイゼットカラーのデッキとの相性も良好。ダブルシンボルが問題なく入るなら採用してよい。

  • 見慣れない長たらしい英語名で面食らうが、これは「疑似(Quasi)」「複製(Duplicate)」から成る言葉。

[編集] 参考

QR Code.gif