復讐に燃えた血王、ソリン/Sorin, Vengeful Bloodlord

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sorin, Vengeful Bloodlord / 復讐に燃えた血王、ソリン (2)(白)(黒)
伝説のプレインズウォーカー — ソリン(Sorin)

あなたのターンであるかぎり、あなたがコントロールしている、クリーチャーやプレインズウォーカーは絆魂を持つ。
[+2]:プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。復讐に燃えた血王、ソリンはそれに1点のダメージを与える。
[-X]:あなたの墓地から点数で見たマナ・コストがXであるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。そのクリーチャーはそれの他のタイプに加えて吸血鬼(Vampire)になる。

4

灯争大戦で登場したソリン絆魂を付与する常在型能力を持ち、忠誠度能力は対プレイヤー/プレインズウォーカー火力リアニメイト

常在型能力
自分のターン限定で自軍のクリーチャーとプレインズウォーカーに絆魂を付与する。
絆魂付与系のカードとしては汎用性が高いので、飢えた聖騎士/Famished Paladin呪術師のワンド/Sorcerer's Wandのようなコンボパーツのお供にも使える。
  • プレインズウォーカーに絆魂を付与する効果はこのカードが初。
+2能力
プレイヤーかプレインズウォーカーへの火力。常在型能力の影響で実質的にドレインとして機能する。
地味な効果ではあるものの忠誠度の上り幅が大きく、ライフ差を開けたり敵プレインズウォーカーの忠誠度を削ったりしつつ-X能力に繋げられる。
-X能力
点数で見たマナ・コストXのクリーチャーを吸血鬼にしてリアニメイトする。
+能力と交互に使用して低マナ域のクリーチャーを複数回釣り上げることで容易にアドバンテージを稼ぐことができる。
自身が4マナであり戦場に出せる頃にはリアニメイト対象が墓地にいることを期待しやすい。

スタンダードではエスパー・ヒーローマルドゥ・アリストクラッツで採用されることがある。双方で使用される第1管区の勇士/Hero of Precinct One誘発条件を満たしつつ、除去された場合にリアニメイトできる点が評価されている。

[編集] ルール

常在型能力
-X能力

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ソリン・マルコフ/Sorin Markovラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。男性。

詳細はソリン・マルコフ/Sorin Markov (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif