川識の占い師/Riverwise Augur

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Riverwise Augur / 川識の占い師 (3)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

川識の占い師が戦場に出たとき、カードを3枚引き、その後あなたの手札からカード2枚をあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。

2/2

CIP能力として渦まく知識/Brainstormを内蔵したマーフォークウィザード

単純なキャントリップクリーチャーよりライブラリーを深く掘り進められる。盤面での性能は実質ただのと、4マナにしてはやや物足りないが、マーフォーク部族シナジーを活用しやすい点で補いたいところ。

3枚見て引くものを選べるのは何にせよ強力。不要カードがライブラリートップに残ってしまう欠点は、例によって進化する未開地/Evolving Wildsなどのシャッフル手段と組み合わせることで解決できる。

クリーチャーとなったことでバウンス等で再利用しやすくなっているものの、本来の軽さインスタントの取り回しの良さは失われている。

登場時点のスタンダード環境には、より軽く唱えられるキャントリップ生物の銀エラの達人/Silvergill Adeptが同時に再録されているほか、継続的なアドバンテージ源となれる海底の神託者/Seafloor Oracleオラーズカの暴君、クメーナ/Kumena, Tyrant of Orazcaも存在するため、マーフォークデッキではやや厳しい立場にある。

リミテッドでは4マナ2/2はあまり嬉しくないが、手札が減らないので及第点。これ自体に劣勢をひっくり返す力は無いが、地上を固めつつ逆転の一手を引き込める可能性もあり、悪くない。できればマーフォークシナジーを得られるカードや探検持ちと組み合わせて使いたいところ。

  • 渦まく知識をCIPとして内蔵しているクリーチャーはこれが初。

[編集] 参考

QR Code.gif