川識の占い師/Riverwise Augur

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Riverwise Augur / 川識の占い師 (3)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)

川識の占い師が戦場に出たとき、カードを3枚引き、その後あなたの手札からカード2枚をあなたのライブラリーの一番上に望む順番で置く。

2/2

CIP能力として渦まく知識/Brainstormを内蔵したマーフォークウィザード

単純なキャントリップクリーチャーよりライブラリーを深く掘り進められる。ライブラリーの一番上に任意のカードを置けるので、探検+1/+1カウンタードローの好きな効果を選びやすくなり相性も悪くない。クリーチャーとなったことでバウンス等で再利用しやすくなった。デッキ全体の線の細さを補い、ハンド・アドバンテージを失わずに戦場を固められ、ライブラリー操作ができる点は評価できる。

一方でクリーチャーと抱き合わせとなったことで軽さとインスタントの取り回しの良さは失われている。クリーチャーとしての性能も2/2の実質バニラであり、4マナ重くなったことで序盤の立ち上がりを助ける働きも損なわれている。不要カードがライブラリートップに残ってしまう点も、カードプールが狭くライブラリーを切り直す手段に乏しいリミテッドスタンダードでは能力を最大限活かしにくい。

登場時点のスタンダード環境には、より軽く唱えられるキャントリップ生物の銀エラの達人/Silvergill Adeptが同時に再録されているほか、継続的なアドバンテージ源となれる海底の神託者/Seafloor Oracleオラーズカの暴君、クメーナ/Kumena, Tyrant of Orazcaも存在するため、マーフォークデッキではやや難しい立場にある。

リミテッドでは4マナ2/2はあまり嬉しくないが、手札が減らないので及第点。これ自体に劣勢をひっくり返す力は無いが、地上を固めつつ逆転の一手を引き込める可能性もあり、悪くない。できればマーフォークシナジーを得られるカードや探検持ちと組み合わせて使いたいところ。

[編集] 参考

QR Code.gif