宿命的介入/Fated Intervention

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fated Intervention / 宿命的介入 (2)(緑)(緑)(緑)
インスタント

緑の3/3のケンタウルス(Centaur)・クリーチャー・エンチャント・トークンを2体生成する。あなたのターンであるなら、占術2を行う。(あなたのライブラリーの一番上から2枚のカードを見て、そのうちの望む枚数のカードを望む順番であなたのライブラリーの一番下に置き、残りを望む順番で一番上に置く。)


の宿命的呪文クリーチャー・エンチャントトークンの生成。

5マナにして6点分もの打点がインスタント・タイミングで出てくるというのはさすがクリーチャーとトークンに長けた緑といったところ。単純な2体分のマナ効率という意味では獣群の呼び声/Call of the Herdをも上回る。奇襲ブロック攻撃クリーチャーを返り討ちにできる、ソーサリー全体除去を撃たれる前に6点ダメージを叩き込めるなどインスタントならではの利点も多いが、自分ターン唱えても十分なコスト・パフォーマンスであり、その場合は占術分の潜在的アドバンテージまで得られると至れり尽くせり。

登場時のスタンダード環境では、全盛を誇っている黒単信心群れネズミ/Pack Rat対策として漸増爆弾/Ratchet Bombがよく採用されていること、そして同セット胆汁病/Bile Blightがいることなどが課題か。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

神々の軍勢の宿命的呪文サイクルインスタントだが、自分ターンの間に唱える占術2を行える。いずれもトリプルシンボルレア

[編集] 参考

QR Code.gif