助力

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
助力/Assist
種別 常在型能力
登場セット バトルボンド
CR CR:702.132

助力(じょりょく)/Assistは、バトルボンドで登場したキーワード能力呪文唱える際に機能する常在型能力である。


Play of the Game / 今日の魅せ場 (6)(白)(白)
ソーサリー

助力(他のプレイヤー1人が、この呪文のコストを最大(6)支払うことができる。)
土地でないパーマネントをすべて追放する。



Fan Favorite / 売れっ子 (3)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)

助力(他のプレイヤー1人が、この呪文のコストを最大(3)支払うことができる。)
(2):ターン終了時まで、売れっ子は+1/+1の修整を受ける。この能力はどのプレイヤーも起動できる。

2/2

[編集] 定義

助力/Assistを持つ呪文を唱える総コスト不特定マナが含まれているなら、あなたがそれを唱えている間、マナ能力起動する前(CR:601.2g)に、あなたは他のプレイヤーを1人選んでもよい。そのプレイヤーは、マナ能力を起動する機会を得る。そのプレイヤーがマナ能力をそれ以上起動しないことを選んだ後で、あなたがマナ能力を起動する機会を得る。あなたがその呪文の総コストの支払いを開始する前に、あなたが選んだプレイヤーは、その呪文の総コストのうちそのプレイヤーが望む点数の不特定マナを支払ってもよい。

[編集] 解説

プレイヤー2人で呪文のコストを支払うことができるメカニズム双頭巨人戦ではプレイヤーはリソースを共有できないが、この能力によって重い呪文を協力して唱えることができる。バトルボンドでは各に存在する。

またチームメイトだけでなく、対戦相手に助力を乞うこともできる。特に統率者戦などの無差別戦では、交渉次第で相手からマナを引き出せることもあるだろう。

[編集] ルール

  • 助力を持つカードを唱え始める前に、そのカードを公開して支払い方法を相談することができる。
  • 呪文の対象Xの値は、支払いを助けるプレイヤーを選ぶ前に決定される。
  • 助力によって支払われ得るのは、その呪文のコストのうち不特定マナの部分のみである。色マナのコストは、助力しているプレイヤーがその色のマナを支払ったとしても、その呪文のコントローラーが支払わなければならない。
  • 何らかの効果によってプレイヤーがマナを「望む色のマナであるかのように」または「望むタイプのマナであるかのように」支払って呪文を唱えることができる場合であっても、その呪文の総コストの中の色マナの部分は、依然としてそのコントローラーが支払う必要がある。そのコストが不特定マナになるわけではないからである。
  • 助力によって、他のプレイヤーは望む点数の不特定マナを支払うことができる。何らかの効果によって呪文のコストが変わると、そのプレイヤーが支払うことができるマナの点数は、その呪文の注釈文に記載されている点数から増減することがある。
  • 選んだプレイヤーがコストの支払いを拒否した場合、呪文のコントローラーは自分ですべてのコストを支払って唱えることも、その呪文を唱える前まで巻き戻すこともできる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20220429.0

QR Code.gif