接合者の技法/Splicer's Skill

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Splicer's Skill / 接合者の技法 (2)(白)
ソーサリー

無色の3/3のゴーレム(Golem)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。
連繋(インスタントかソーサリー)(3)(白)(あなたがインスタントかソーサリーである呪文を唱えるに際し、あなたはあなたの手札からこのカードを公開して、連繋コストを支払ってもよい。そうしたなら、このカードの効果をその呪文に加える。)


ゴーレムトークン生成するソーサリー。他のインスタントかソーサリーに連繋することができる。

連繋を使わなくとも、3マナ3/3とそこそこの性能だが、やはり連繋を使うことがメインとなるだろう。連繋コスト重いため、あらかじめ軽いインスタントやソーサリーを多めにデッキに入れておくとよい。トークンはアーティファクトであるため、そのサポートも期待できるだろう。

リミテッドでは膠着状態になってしまった際には、蓋世徴用/Recruit the Worthyバイバックと合わせるととんでもないことに。一緒に取れた場合は狙ってみるのもよい。

  • 連繋を持つソーサリーは初。連繋先がインスタントならば擬似的にインスタントプレイを行うことができるようになっている。

[編集] オマージュ

このカードは、マジックの過去に存在した3つの「splice」へのオマージュになっている。訳語がバラバラなので、日本語版では分かりにくい。

  1. 新たなるファイレクシア接合者/Splicerサイクル。ゴーレム・トークンを生成する効果が共通している。
  2. キーワード能力連繋/Splice
  3. ファイレクシアの接続具/Phyrexian Splicerイラストが酷似している(接合者の技法ファイレクシアの接続具)。

[編集] 参考

QR Code.gif