先祖の結集/Rally the Ancestors

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rally the Ancestors / 先祖の結集 (X)(白)(白)
インスタント

あなたの墓地にある、点数で見たマナ・コストがX以下の各クリーチャー・カードをそれぞれ戦場に戻す。あなたの次のアップキープの開始時に、それらのクリーチャーを追放する。先祖の結集を追放する。


一時的に大量のリアニメイトを行うインスタント。過去のカードでは死者起こし/Wake the Deadに近い。

リアニメイト後の追放タイミングがこの手のカードによくある「終了ステップ開始時」ではなく、「アップキープ・ステップ開始時」となっているのが特徴。対戦相手の終了ステップに唱えてもすぐに追放されてしまうし、アップキープを過ぎてから唱えれば速攻を持っていない限り召喚酔いとなるため、アタッカーを用意する手段には適さない。取り回しが難しく、癖の強い1枚。

クリーチャーに多くのスロットを割かなければ機能しづらく、また、そういったデッキは往々にしてアグロ寄りなデッキとなるので奇襲的なブロックのためにわざわざこのカードを採用するのは現実的ではない。やはり何かしらのコンボパーツとしての運用が主となるだろう。「CIP能力を持ったクリーチャーとの併用」「別途手段で速攻を付与して攻撃」などが最もシンプルな利用法か。

登場時のスタンダードにはアスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel包囲サイ/Siege RhinoといったCIP能力でドレインを行うカードや速攻を付与するモーギスの匪賊/Mogis's Marauderといった相性の良いカードが存在しており、これらを組み合わせた「先祖の結集デッキ」が登場した。しかし登場時点では決め手に欠けるため、トーナメントではそれほど活躍はしなかった。その後、マジック・オリジンで使いやすい生け贄手段兼フィニッシャーナントゥーコの鞘虫/Nantuko Huskや、両面カードプレインズウォーカー・サイクルという抜群の相性を持つカード群を獲得。ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healerをリアニメイトし、即座に変身させて追放効果をやり過ごす動きが非常に強力で、一気に活躍の場を広げた。ローテーション後もズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroatなどの相性の良いカードに恵まれ、環境の一角に存在感を示し続けている。

[編集] 参考

QR Code.gif