仮面林の結節点/Maskwood Nexus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Maskwood Nexus / 仮面林の結節点 (4)
アーティファクト

あなたがコントロールしているすべてのクリーチャーはすべてのクリーチャー・タイプである。あなたがコントロールしているすべてのクリーチャー呪文と、あなたがオーナーであり戦場にないすべてのクリーチャー・カードについても同様である。
(3),(T):多相を持つ青の2/2の多相の戦士(Shapeshifter)クリーチャー・トークン1体を生成する。(それはすべてのクリーチャー・タイプである。)


あらゆる領域にあるあなたクリーチャーへすべてのクリーチャー・タイプを与え、多相トークン生成する、奸謀/Conspiracy産み落とす太枝/Birthing Boughsといったアーティファクト

登場時のスタンダードにはエルフならず者クレリック騎士等の部族デッキが存在するが、それらはおしなべて軽量アグロであることが多い。トークンで頭数を補える恩恵こそあるが動き出しが遅く、他に優先すべきカードがある。部族デッキとはやや趣が異なるが、フルメンバーをそろえると3以上になりがちなパーティーデッキならばバックアップとして有効活用できるか。

奸謀がコンボパーツとして重宝されたように、本領はそちら側。以下はコンボの一例。

リミテッドにおいてはリスクなくトークンを生成し続けられる無色パーマネントという時点でピック必至。それに加えて前述のカード群やリトヤラの反射/Reflections of Littjara巨人たちの侵略/Invasion of the Giants等、カルドハイムには部族デッキをサポートするカードが多数収録されていることから、リミテッドでも強力なコンボへの派生が期待できる。引けなかったときでもデッキが回るように、これに頼り切ることなく、かつ引けば勝利が確定するような構築を心がけたい。

[編集] 参考