予見のスフィンクス/Sphinx of Foresight

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sphinx of Foresight / 予見のスフィンクス (2)(青)(青)
クリーチャー — スフィンクス(Sphinx)

あなたはあなたのゲーム開始時の手札からこのカードを公開してもよい。そうしたなら、あなたの最初のアップキープの開始時に、占術3を行う。
飛行
あなたのアップキープの開始時に、占術1を行う。

4/4

ゲーム開始時の手札にあると占術3を最初のアップキープ・ステップに予約し、戦場に出れば毎ターン占術1を行う、スフィンクス

初手がマナフラッド気味なら不要な土地を弾き、マナスクリュー気味なら土地を探しに行くことで、序盤の立ち上がりを大きく助けてくれるカード。たかが3枚と思うかもしれないが、アグロ等の高速ビートダウンデッキを相手に3ターン連続で不要なカードを引き続けると何もできないまま殴り切られてしまうこともあり、結構馬鹿にならない。初手を安定させるカードとしては血清の粉末/Serum Powderと役割が少し似ているが、こちらは後攻であれば相手の土地(デッキカラー)を見てから占術ができるので、対策のプランを考えながらカードを残せるのも利点。勿論コンボデッキとの相性も良く、いきなりコンボパーツを探しに行ける、あるいはコンボパーツが揃っていても土地がほとんど無いという状況でもキープを決断でき、コンボの安定性を高めてくれる。

この手の「初手に欲しい」カードとしては普通にクリーチャーとして使っても良質なスペックで、大長サイクルのように重すぎるということもなく、毎ターンの占術も単純に有用と、初手に引けなくてもある程度潰しが利くのが特徴。逆に複数枚初手に来てしまったとしても、占術で捲れた3枚全てが欲しいカードで埋まるまでは有用である。

その一方で、序盤からいきなりシャッフルしていくカード群とは噛み合わせが悪い。モダン以下ではフェッチランドの存在から、例えコンボデッキでも採用できるデッキは限られてくる。

スタンダードでは同様に序盤からドローの質を向上させるアズカンタの探索/Search for Azcantaが存在しているが、役割が異なるため共存は可能。各種青絡みのデッキへの採用が考えられるが、序盤の立ち上がりが不安定になりがちなターボゲートとも相性が良好。青単テンポへ少数挿されることもある。

リミテッドでは4/4飛行を単独で一方的に倒せるクリーチャーは少なく、基礎スペックだけで即採用できるフライヤー。毎ターンの占術で有効札を引き続ければいずれ物量で圧倒ができるだろう。ダブルシンボルなのでタッチでの採用は難しいが、青を選ぶ理由になる初手ピック級のカード。

「私の見た未来が理解できない。ギルドは壊滅し、世界は戦争状態。軍隊は無慈悲な征服者の意志に屈していた。」

[編集] 参考

QR Code.gif