ドラフト点数表/コンフラックス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集]

7点:高層の神秘家/Aerie Mystics - U
能力が使えなくても5マナ3/3飛行。
4点:アーシャの好意/Asha's Favor - C
サイズが変わらない。
7点:エイヴンの従者/Aven Squire - C
白の主戦力候補。
6.5点:エイヴンの先駆者/Aven Trailblazer - C
3マナ2/2飛行。5色なら終盤にも働く頼れる壁に。
6点:天界の粛清/Celestial Purge - U
強力なサイドボード。多色環境なのでメイン導入もありえる。
6点:宮廷のホムンクルス/Court Homunculus - C
アーティファクトが多ければ1マナ軽い熊。
6点:闇光りのガーゴイル/Darklit Gargoyle - C
序盤から大きく攻めていける。ただし黒が出ないと弱い。黒が出るなら+1点。
6.5点:抵抗の微光/Gleam of Resistance - C
無駄になりにくい。
6点:確実性の欠落/Lapse of Certainty - C
テンポデッキに。
5点:避難所の印/Mark of Asylum - R
相手が除去を火力に頼っていれば。
9点:軍部政変/Martial Coup - R
X=5以上で打てば勝ち。
7点:鏡印章の兵長/Mirror-Sigil Sergeant - M
増え始めたら勝ち。青が濃ければ+2点。
6.5点:ナカティルの狩り群れ/Nacatl Hunt-Pride - U
上手くいけば戦闘が一方的に。
6点:アミーシャの模範/Paragon of the Amesha - U
3マナ2/2先制攻撃。5色出るなら+2点。
8点:流刑への道/Path to Exile - U
どんなクリーチャーも基本土地に変更できる最強クラスの除去。序盤ではあまり使いたくないが、後半のフィニッシャーを除去できるのは強い。
7点:ロウクスの瞑黙者/Rhox Meditant - C
手軽にアドバンテージを得られる。
8点:威圧の王笏/Scepter of Dominance - R
除去されにくいタッパー。色拘束がネック。
3点:空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne - R
エンチャントが少なく、先出しする必要もあるので使いづらい。
3点:雄々しい守備兵/Valiant Guard - C
かなり後ろ向きなデッキに。
8点:崇敬の壁/Wall of Reverence - R
シングルシンボルで飛行を持つ優秀なブロッカー。ナヤで使うとライフがほぼ減らなくなる。

[編集]

5.5点:淀み水の精霊/Brackwater Elemental - C
サイズの大きなクリーチャーを牽制できる。
5点:押さえつける触手/Constricting Tendrils - C
戦闘支援兼サイクリング。
5点:本能の制御/Controlled Instincts - U
限定的な擬似除去。ナイスサイドボード。多色環境なのでメイン導入もありえる。
6点:困惑の石/Cumber Stone - U
戦況をひっくり返せる場合も。
7.5点:エスパーゾア/Esperzoa - U
パワー4の飛行。万華石/KaleidostoneなどCIPとのシナジーが期待されるが、現実的にエサは骨の鋸/Bone Sawか。アーティファクトが濃ければ+0.5。
8.5点:エーテル宣誓会の審判人/Ethersworn Adjudicator - M
恒久除去は非常に強力。仮に一つ目の能力が使えなくても、アンタップ可能な5マナ4/4フライヤーは攻守に活躍する。
6点:フェアリーの機械論者/Faerie Mechanist - C
アーティファクトが大量にあるなら+1点。アドバンテージが取れるので強い。
7点:最前線の賢者/Frontline Sage - C
賛美付ルーター。手札を循環させつつ戦線を補助。賛美=バントのイメージだが、蘇生との相性も良い。
4.5点:グリクシスの幻術師/Grixis Illusionist - C
版図のお供に。普通に使ってもマナを安定させる1マナ1/1。
7点:墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan - R
単体除去不能の、出れば勝ちフィニッシャー。マナコストを踏み倒せる練達の変成者/Master Transmuterが取れていればさらに+1点。
6点:練達の変成者/Master Transmuter - R
アーティファクトが多ければ+3点。
6.5点:寄生的な大梟/Parasitic Strix - C
能力が誘発しなくても3マナ2/2飛行。
7.5点:洞察の王笏/Scepter of Insight - R
色が合うならピックするべき。リミテッドのドローは非常に強力。
6点:軽蔑するエーテリッチ/Scornful AEther-Lich - U
色が合うと器用なクリーチャー。
3点:テレミンの演技/Telemin Performance - R
不安定。
6点:衝撃的な幻視/Traumatic Visions - C
無駄になりにくい。
6.5点:送還/Unsummon - C
蘇生貪食対策にもなる。
5点:上空からの視界/View from Above - U
上手く使えれば。
6点:俗世の相談/Worldly Counsel - C
色が合うなら入れていい。環境柄2~3枚は見ることができるので強力。

[編集]

5.5点:ヴィスの吸収/Absorb Vis - C
無駄になりにくい。
2点:腐敗した根/Corrupted Roots - U
場に影響を与えない。
7.5点:引きずり下ろし/Drag Down - C
除去。シングルシンボルなのも○。
3点:戦慄翼/Dreadwing - U
色が合えば+4点。
8点:絞り取る悪魔/Extractor Demon - R
5/5飛行はゲームを終わらせられる。蘇生も最後のひと押しに。能力はオマケだが相手のキーカードが落ちればもうけもの。
5点:肉組み/Fleshformer - U
5色出るのなら+2点。
7点:グリクシスの奴隷使い/Grixis Slavedriver - U
少し重いが、頼りになる1枚。
5.5点:感染性の恐怖/Infectious Horror - C
サイズが頼りない。
4点:ケデレクトの寄生魔/Kederekt Parasite - R
上手くはまれば多くのライフを削れる。
6点:ニクサシッド/Nyxathid - R
リミテッドで相手が手札を溜め込むことは少ない。
6点:黒死病のカターリ/Pestilent Kathari - C
赤マナが出ると非常にいやらしい。
3点:朽ちゆくネズミ/Rotting Rats - C
使いづらい。
4点:回収する斬鬼/Salvage Slasher - C
パワーが上がっても回避能力がなく微妙。
5~7点:遁走の王笏/Scepter of Fugue - R
(5点)アドバンテージは得やすい。
(7点)恒久的に使える手札破壊としては十分な性能。--GR 2010年1月18日 (月) 18:27 (JST)
5点:セドラクシスの錬金術師/Sedraxis Alchemist - C
色が合えば+2点。
5点:虚空からの声/Voices from the Void - U
上手くはまると強い。
6点:惨めな食事/Wretched Banquet - C
腐っても除去。使い方次第でフィニッシャーも一撃。
5点:忌むべき者の頸木/Yoke of the Damned - C
使いづらい。

[編集]

10点:苦悩火/Banefire - R
シングルシンボルのX点火力。
7点:血の間の軟泥/Bloodhall Ooze - R
回避能力はなくても、序盤に出せば相手へのプレッシャーに。黒緑のどちらかでも強いが、ジャンドならさらに+0.5点。
6点:峡谷のミノタウルス/Canyon Minotaur - C
4マナ3/3。
6点:闇の感情/Dark Temper - C
確定除去候補。黒いパーマネントが多ければ+2点。
6点:竜魂の騎士/Dragonsoul Knight - U
3マナ2/2先制攻撃。5色出るなら+2点。
6.5点:焦熱の落下/Fiery Fall - C
無駄になりにくい。
7.5点:ゴブリンの壊し走り/Goblin Razerunners - R
サイズもしっかりしている。
5~7点:地獄火花の精霊/Hellspark Elemental - U
(5点)貪食と組み合わせたい。
(7点)隙を見て本体6点分の火力に。--GR 2010年1月18日 (月) 18:27 (JST)
6点:無秩序の点火/Ignite Disorder - U
強力なサイドボード。多色環境なのでメイン導入もありえる。
6点:クラニオセロス/Kranioceros - C
白マナが出れば+0.5点。
5.5点:狂った怒り/Maniacal Rage - C
上手くはまれば。
5点:骨組み溶かし/Molten Frame - C
無駄になりにくい。対エスパー用のサイドボードに。
5点:消しえる火/Quenchable Fire - C
クリーチャーに飛ばない。
8点:ラッカ・マー/Rakka Mar - R
パワー3のトークンを量産できるのは強い。
4点:毒のイグアナール/Toxic Iguanar - C
接死を持っても1/1。
5点:ヴィーアシーノの殺戮士/Viashino Slaughtermaster - U
色が合えば+1点。
8点:火山の流弾/Volcanic Fallout - U
全体火力。
8点:大食のドラゴン/Voracious Dragon - R
捕食できなくても5マナ4/4飛行。ゴブリンを多めに取っていればなおよし。
5.5点:さまようゴブリン/Wandering Goblins - C
基本地形の種類が多ければ+0.5点。常にマナを使うのはマイナス。
6点:世界心のフェニックス/Worldheart Phoenix - R
5色出るなら+1点。

[編集]

7点:標のビヒモス/Beacon Behemoth - C
ナイスサイズ。
8点:崖走りのビヒモス/Cliffrunner Behemoth - R
赤の速攻より白の絆魂の方が強い。
6.5点:シーリアの陽歌い/Cylian Sunsinger - R
色が合えば+1点。合わなくても熊。
7点:燃えさしの織り手/Ember Weaver - C
3マナ3/3先制攻撃は非常に強力。
5点:金線の破れ目/Filigree Fracture - U
ナイスサイドボード。多色環境なのでメイン導入もありえる。
6.5点:暴食するスライム/Gluttonous Slime - U
入っていると意外に強い。死んでしまう小さなクリーチャーを餌にしよう。
7.5点:マトカの暴動者/Matca Rioters - C
4/4、5/5になれば、すさまじいコストパフォーマンス。
6点:アラーラの力/Might of Alara - C
便利なコンバットトリック。
5点:ナカティルの野人/Nacatl Savage - C
相手による。
6.5点:貴族の教主/Noble Hierarch - R
マナ加速と賛美が上手くかみ合っている。
7点:パレオロス/Paleoloth - R
6マナ5/5。能力がかみ合うとかなりのアドバンテージ。
5.5点:サシーリウムの射手/Sacellum Archers - U
色が合えば+2点。
4点:散弾の射手/Scattershot Archer - C
飛行クリーチャーへの牽制。
5.5点:断片の収斂/Shard Convergence - U
アドバンテージを得られる。
6.5点:魂の威厳/Soul's Majesty - R
相手の除去に注意。
5点:胞子の噴出/Spore Burst - U
貪食と上手くかみ合えば。
5.5点:森の報奨/Sylvan Bounty - C
無駄になりにくい。
8.5点:茨異種/Thornling - M
対処できるカードが限られる。
4点:ツカタンのサリッド/Tukatongue Thallid - C
貪食と上手くかみ合えば。
6.5点:野生のレオトー/Wild Leotau - C
その後の展開が鈍るがナイスサイズ。

[編集] 多色

8点:黙示録のハイドラ/Apocalypse Hydra - M
除去としても使えるのが○。
8点:血の暴君/Blood Tyrant - R
出ると止められない。
8点:納骨蔵のワーム/Charnelhoard Wurm - R
出ると止められない。
7点:アラーラの子/Child of Alara - M
場に出ると強い。
4点:衝合/Conflux - M
アドバンテージを得られるが、ここまで重いのに場に影響を与えないのは厳しい。
5点:対抗突風/Countersquall - U
使いづらい。
6.5点:古老の熟達/Elder Mastery - U
除去されなければ強い。
7点:エスパーの鵜/Esper Cormorants - C
4マナ3/3飛行のハイスペック。エスパーだけでなく、バントや5色でも中軸を担える良質のアタッカー。
5点:爆発する境界/Exploding Borders - C
多色デッキに。
5.5点:融合の精霊/Fusion Elemental - U
5色デッキなら。
6.5点:黄金塔の報復者/Giltspire Avenger - R
限定的だが繰り返し使える除去は強い。
6.5点:ゴブリンの異国者/Goblin Outlander - C
プロテクション持ちの熊。色拘束に注意。
4点:成金、グヮファ・ハジード/Gwafa Hazid, Profiteer - R
これ自身が除去されると厳しい。
5.5点:ヘルカイトの雛/Hellkite Hatchling - U
貪食できると強い。
7点:ジェスの軟膏使い/Jhessian Balmgiver - U
プリベントとアンブロッカブルは強力。
6.5点:聖遺の騎士/Knight of the Reliquary - R
好きな土地を出せるのは強い。
6点:結び蔦の神秘家/Knotvine Mystic - U
場に出れば展開が大きく変わる。
7点:大渦の大天使/Maelstrom Archangel - M
場に出ると強い。
8点:厳然たるスフィンクス/Magister Sphinx - R
能力は攻めにも守りにも。
8点:マルフェゴール/Malfegor - M
手札を上手く調整すれば一方的な場に。
8点:メグロノス/Meglonoth - R
出ると止められない。
6.5点:ナカティルの異国者/Nacatl Outlander - C
プロテクション持ちの熊。色拘束に注意。
8点:プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalker - M
出ると勝つ。
3点:大祖始/Progenitus - M
出ない。
6点:ロウクスのボディガード/Rhox Bodyguard - C
地味ながら強力な後方支援をする。
5.5点:傷跡の地のトリナクス/Scarland Thrinax - U
サイズが寂しい。
6点:よろめく死体/Shambling Remains - U
前のめりなデッキに。
7点:天望の預言者/Skyward Eye Prophets - U
得られるアドバンテージが凄い。
5.5点:ヘドロの徘徊者/Sludge Strider - U
エスパーなら+1点。
7.5点:スフィンクスの召喚士/Sphinx Summoner - R
5マナ3/3飛行な上にアドバンテージまで得られる。
5点:玉砕/Suicidal Charge - C
場合によっては一方的な場に。対バント用のサイドボードに。
6点:浮浪する耕し獣/Vagrant Plowbeasts - U
パワー5以上のクリーチャーが多ければ+1点。
6.5点:ヴァレロンの異国者/Valeron Outlander - C
プロテクション持ちの熊。色拘束に注意。
6点:ヴェクティスの工作員/Vectis Agents - C
中堅クリーチャーとして振る舞いながら、膠着した盤面では能力を使って確実にクロックを刻める。同マナ域の生物が不足していれば大いに戦力になる。
6.5点:ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander - C
プロテクション持ちの熊。色拘束に注意。
6.5点:ゾンビの異国者/Zombie Outlander - C
プロテクション持ちの熊。色拘束に注意。

[編集] アーティファクト

7.5点:天球儀/Armillary Sphere - C
色安定だけでなく、非常に手軽にアドバンテージが得られる。
4点:骨の鋸/Bone Saw - C
序盤でしか活躍できない。
3点:神話の水盤/Font of Mythos - R
構築向け。
5点:万華石/Kaleidostone - C
5色デッキに。
4点:マナの大鉢/Mana Cylix - C
マナ加速や版図に貢献しない。
7点:マナ力の鎚鉾/Manaforce Mace - U
簡単にパワーが上がる。
9.5点:アラーラのオベリスク/Obelisk of Alara - R
重めだが何を使っても強い。

[編集] 土地

5.5点:古代の聖塔/Ancient Ziggurat - U
スペルのプレイやサイクリングができない場合も。
6点:風変わりな果樹園/Exotic Orchard - R
大抵欲しいマナが出る。
2点:聖遺の塔/Reliquary Tower - U
手札がオーバーすることはほぼ無いため、能力はほぼ無効。多色環境では色マナが出ないのは痛い。
6点:断ち割る尖塔/Rupture Spire - C
テンポが乱れる場合も。
4点:不安定な地平線/Unstable Frontier - U
版図に役立つ場合も。

[編集] 参考

QR Code.gif