狂った怒り/Maniacal Rage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Maniacal Rage / 狂った怒り (1)(赤)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、+2/+2の修整を受けるとともに、それではブロックできない。


色拘束が和らぎ、ブロック参加不可能となった巨人の力/Giant Strength

対戦相手クリーチャーつけて、ブロックを阻止する使い方も可能。 特に火力焼くのが難しい高タフネス防衛持ちのクリーチャーに対して有効。

リミテッドでは回避能力付きのクリーチャーにつけるといいだろう。特にインベイジョンでは黒赤が強力なアーキタイプになっているため、畏怖持ちのクリーチャーの強化が考えられる。ラヴニカのギルドではボロス軍/Boros Legion教導持ちクリーチャーにつけることで強化の上限を引き上げる使い方ができる。

[編集] ストーリー

カード名の通り、いずれも「怒り」や「狂乱」の感情が込められた場面を描いている。

エクソダス
ジェラード・キャパシェン/Gerrard Capashenと、彼に憎悪を抱き襲い掛かるグレヴェン・イル=ヴェク/Greven il-Vecの戦いの場面が描かれている。(イラスト)
防御の真似事さえもしないでおくことしか、ジェラードにはグレヴェンをやっつける方法はなかった。
インベイジョン
かつてグレヴェンに敗れて要塞拷問室で皮膚を焼かれる屈辱を味わったターンガース/Tahngarthが、ついにドミナリア/Dominariaへ侵攻してきたファイレクシア/Phyrexia人を薙ぎ払いながら、グレヴェンとの対決に臨む場面が描かれている。(イラスト)
「おれを覚えているか?」とターンガースは吠えた。「今こそ、ラースにいたときの仕返しをしてやる」
コンフラックス
サングライト/Sangriteのとげを握りしめて猛り狂うジャンド/Jundゴブリンが描かれている。(イラスト)
ゴブリンはサングライトのとげで強くはなったが、それで賢くなることはなかった。
ラヴニカのギルド
自然を与える約束を反故にされたグルール一族/The Gruul Clansのギルド魔道士が、炎と共に怒りを露わにする場面が描かれている。(イラスト)
「奴らは自然を我々に与えると言った。だがそれを煉瓦で覆ったのだ。面と向かって嘘はつけても拳に向かって嘘はつけまい。」
グルールのギルド魔道士、ガット・ラック

[編集] 参考

QR Code.gif