ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Traverse the Ulvenwald / ウルヴェンワルド横断 (緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから基本土地カード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
昂揚 ― あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるなら、代わりにあなたのライブラリーからクリーチャー・カード1枚か土地カード1枚を探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。


地勢/Lay of the Land上位互換昂揚を達成していれば森の占術/Sylvan Scrying、もしくは(ソーサリーとしての)エラダムリーの呼び声/Eladamri's Call相当の効果を発揮する。

比較しても分かる通り、わずか1マナで種類を問わず土地クリーチャーサーチできるというのはかなりのコスト・パフォーマンス。通常、基本土地サーチカードは序盤を過ぎると不要牌になりがちだが、これは中盤から終盤にかけてもフィニッシャーや有用な基本でない土地に変換することができるため無駄がない。スタンダード環境で共存するのがアンタップインに基本土地を必要とするバトルランドシャドウランドであるのも追い風。通常時と昂揚達成時との性能差が大きいので、確実に昂揚できるようにデッキ構成には気を配りたいところ。

登場時のスタンダードではゴーグルなどランプデッキへ投入された。異界月登場後に誕生した黒緑昂揚ではどんなデッキタイプでも確実に3,4枚採用され、墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised Endなど状況に応じたフィニッシャーを引っ張ってくる。霊気紛争後に登場した黒緑巻きつき蛇でも、キーカードとなる巻きつき蛇/Winding Constrictorを安定して出すためにこれを採用した昂揚型が存在する。

モダンではSuper Crazy Zooに搭載される事がある。1マナと軽くデッキの動きを阻害しにくい点、大量のカードを墓地に送り込むため昂揚が達成しやすい点で噛み合っており、デッキ内の最有力アタッカーである死の影/Death's Shadowは勿論、フェッチランドを持ってきてステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx上陸を二重誘発させるなど、攻勢において柔軟に貢献する。

[編集] 参考

QR Code.gif