墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ishkanah, Grafwidow / 墓後家蜘蛛、イシュカナ (4)(緑)
伝説のクリーチャー — 蜘蛛(Spider)

到達
昂揚 ― 墓後家蜘蛛、イシュカナが戦場に出たとき、あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれる場合、到達を持つ緑の1/2の蜘蛛(Spider)クリーチャー・トークンを3体生成する。
(6)(黒):対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはあなたがコントロールする蜘蛛1体につき1点のライフを失う。

3/5

マジック初となる伝説の蜘蛛。蜘蛛の象徴である到達に加え、蜘蛛・トークンを生み出すCIP能力と、自軍の蜘蛛の数を参照するライフロス能力を持つ。

通常は5マナ3/5到達・7マナで1点のライフ失わせるのみと、やや物足りない性能。しかし昂揚を達成していれば1枚で4体ものクリーチャーを生み出すことができ、起動型能力も7マナで4点となかなかの効率に化ける。伝説のクリーチャーではあるが、2枚目をトークン呪文のつもりで使い捨てることもできるため多めに積んでも腐りにくい。ブロッカークロックを兼ね、膠着時の決め手も備え、単体除去にも全体火力全体マイナス修整にも耐性を持つ。一見すると地味であるが、全般に隙がないカードである。

登場時点のスタンダード環境においては、森の代言者/Sylvan Advocate呪文捕らえ/Spell Quellerなどの主要なクリーチャーを止められるほか、上記のように主要除去の大部分に強く、反射魔道士/Reflector Mageに対してもむしろトークンが増える結果になりやすいなど、評価点が多い。黒緑昂揚はもちろん、黒マナ基盤を採用していない赤緑タイプの昂揚デッキや緑白トークンに採用されることもある。

[編集] ルール

[編集] 開発秘話

蜘蛛は「伝説のクリーチャーを作ってほしい」という統率者戦プレイヤーの要望が2番目に多かったクリーチャー・タイプであり(1番目は)、このカードはそれに応えるために作られた。起動コスト黒マナを含むのは、固有色黒緑にすることで蜘蛛の発生/Spider Spawningなどを使用できるようにするためである。

[編集] ストーリー

イシュカナ/Ishkanahイニストラード/Innistradに住む大蜘蛛。詳細は不明。

[編集] 参考

QR Code.gif