傲慢な新生子/Insolent Neonate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Insolent Neonate / 傲慢な新生子 (赤)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire)

威迫(このクリーチャーは2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。)
カードを1枚捨てる,傲慢な新生子を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。

1/1

生け贄に捧げることで起動するルーター能力を持つ吸血鬼

サイズは1/1と最低限だが軽く威迫を持つため、ちくちく殴って数点のダメージを稼ぐ事ができる。1マナのカードの仕事としては十分だろう。

ルーター能力は自身を生け贄に捧げる必要があるため、普通に使うとカード・アドバンテージを失ってしまうが、ブロック後や除去に対応して起動したり、マッドネスカードを捨てたりすることでカバーが可能である。マッドネスと組み合わせる事を考えると、インスタント・タイミングで起動でき、またマナが掛からないという点が特に嬉しい。

リミテッドでは、各種マッドネストリガー役として、コモンの中ではかなり使い易い部類である。また戦力としても回避能力を持つ吸血鬼であるため、流城の導師/Stromkirk Mentorの強化先として悪くない。(同ブロックで流城の導師よりも軽い吸血鬼は回避能力が無いか、あるものはレアリティアンコモン以上。)

モダンエターナルでは、1ターン目から発掘カードを捨てて引けることにより、同セットで登場した秘蔵の縫合体/Prized Amalgamとともにドレッジを大きく強化した。

  • 不運な研究者/Hapless Researcherの亜種と言える。こちらはディスカードがコストであり、またドローより前にディスカードする必要があるため、手札を濃くする目的においては単純に不利であり、もみ消し/Stifleなどによる被害も大きい。ルーター能力面で劣る代わりに威迫を持っているという恰好か。
    • 「手札からカードを確実に捨てたい」という見方をすると「もみ消しを回避できる」という利点になる。
    • ドレッジにおいては捨てて引くというイベント順も非常に有利で、例えば1ターン目からゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Trollを捨てて即発掘という動きができ、一気に墓地にカードを溜められる。
    • これ自身を生け贄に捧げることと、カードを1枚捨てることのどちらを先に行ってもかまわない(CR:601.2h

[編集] 参考

QR Code.gif