サイミーディ/Cymede

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サイミーディ/Cymedeテーロス・ブロックのキャラクター。カードとしてはテーロスアナックスとサイミーディ/Anax and Cymedeが初出。

目次

[編集] 解説

テーロス/Therosの都市国家アクロス/Akrosの王妃。人間の女性(イラスト)。

サイミーディは熟達の戦士でもあるが、それ以上に強力な予見者である。彼女はケラノス/Keranosの稲妻に撃たれたことで未来を垣間見る能力を手に入れ、さらにはニンフなどのが創造したクリーチャーの力をも知覚できるようになってきている。彼らの力を抽象的にではあるが垣間見てきたサイミーディは、神々は忠実な者に恩恵をもたらすのだと感じるようになった。彼女の夫、アナックス/Anaxのアクロス王としての効力には、サイミーディ自身の存在も含まれているのだと見なす者もいる。

サイミーディは、自身に力をもたらしたケラノスを第一に崇拝している。このことにより、ケラノスの教団はコロフォン/The Kolophonにて信仰の足がかりを得ている。彼女はアクロスから遠く離れた、常に嵐が吹き荒れる山頂に特別な神殿を築いており、嵐の季節にそこを訪れて銀の壇の上で瞑想を行う。

[編集] 経歴

[編集] Godsend, Part II

アクロスがミノタウルスの軍勢に包囲され、絶体絶命の窮地に陥った。エルズペス・ティレル/Elspeth Tirelの発案により――実は黒幕ゼナゴス/Xenagosの案なのだが――サイミーディとダクソス/Daxosは魔法で川を氾濫させ、ミノタウルスを押し流すこととなった。だが水位の上昇速度はあまりに遅く、覚悟を決めたサイミーディはケラノスに願い出た――自分の身と引き換えにアクロスを救ってほしいと。

ケラノスは彼女の願いに応えた。アクロスの空に雷雲が巻き起こり、川の水は強力なエレメンタルと化してミノタウルスたちを押し流した。かくしてアクロスは救われた。そして今度はケラノスが約束の物を手に入れる番となった。ダクソスの目の前で、サイミーディの身体は燃え上がり、一陣の風だけを残して消え去った。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

テーロス
乗騎ペガサス/Cavalry Pegasus不屈の猛攻/Dauntless Onslaught
ニクスへの旅
知識と力/Knowledge and Power

[編集] イラストに登場

神々の軍勢
予言/Divination英雄の演壇/Heroes' Podium
ニクスへの旅
稲妻の髪飾り/Lightning Diadem

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • 日本語版のフレイバー・テキストでは「queen of Akros」を「アクロスの女王」と訳しているが、厳密には「アクロスの王妃」である。英語ではどちらもqueenで、特に区別する必要がある場合は女王をqueen regnant、王妃をqueen consortと言う。

[編集] 参考

QR Code.gif