Avatar of Growth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Avatar of Growth (4)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) アバター(Avatar)

この呪文を唱えるためのコストは、あなたの対戦相手1人につき(1)少なくなる。
トランプル
Avatar of Growthが戦場に出たとき、各プレイヤーは自分のライブラリーから基本土地カードを最大2枚まで探し、それらを戦場に出し、その後自分のライブラリーを切り直す。

4/4


Magic Game Night限定収録の、エレメンタルアバタートランプルに加え、不抜と同等のマナ・コスト減少能力と、各プレイヤー基本土地を与えるETB能力を持つ。

2人対戦なら5マナかかるが、5人対戦ならたった2マナで唱えられる軽さが魅力。サーチしてきた土地アンタップ状態で戦場に出るため、そこからさらに2マナ分の呪文唱えられ、次のターンには一気に高マナ域へのアクセスが可能になるなど、ハマった時の展開力はなかなかのもの。

一方で対戦相手全員にもアンタップ状態の土地をプレゼントしてしまうため、これを出したそのターン中にインスタント除去が飛んでくるとか、すぐにこれよりも強力なクリーチャーを出されてしまうといったリスクは無視できるものではない。対戦相手全員が基本土地を採用していなければこのリスクを帳消しにできるため、デュアルランドが当たり前のように4枚積みされる環境で5人以上で対戦を行うのであれば、一方的に土地サーチが行える2マナの大型クリーチャーとして振る舞えるのだが……。どちらかといえば全員の土地事故を解消して「出遅れ」を防ぎ、ゲーム展開を一方的なものにさせないという助け舟のような役回りになるだろうか。そういう意味では勝利だけを目的としないパーティゲーム向きのカードと言える。

Magic Game Nightを使ったゲームでは、緑のデッキは重量級の大型クリーチャーを数多く採用しているので、それらを唱える一助となる。対戦相手に土地を差し出すリスクはあるが、その点はクリーチャーの質で補うことになるだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

Magic Game Night神話レアクリーチャーサイクル。いずれも対戦相手の人数を参照する能力を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif