陰謀団の聖騎士/Cabal Paladin

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cabal Paladin / 陰謀団の聖騎士 (3)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

あなたが歴史的な呪文を唱えるたび、陰謀団の聖騎士は各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。(歴史的とは、アーティファクトと伝説と英雄譚(Saga)のことである。)

4/2

WHISPERのテキストには誤りがあります。与えるダメージは「1点」ではなく「2点」です。

歴史的呪文唱えるたび各対戦相手ダメージを与える人間騎士

高めのパワーライフを直接攻める能力を併せ持つ攻撃的なクリーチャー。立っているだけで歴史的な呪文がすべて火力に化けると考えると侮れないダメージ源となり、さらに複数枚出ていれば強烈。不死身、スクイー/Squee, the Immortalのような繰り返し唱えられる歴史的なカードを活用したコンボも考えられる。

これ自体が4マナ重くて動き出しが遅く、タフネスが低く除去耐性も持ち合わせていないのは気になるところ。戦闘へ参加させるにしても脆さは気になるので、回避能力先制攻撃などを与えて補えるとよい。特にそれ自体が歴史的である装備品との相性がよい。

リミテッドではそのパワーで地上を牽制しつつ、歴史的な呪文でじわじわとライフを追い詰めていくのが仕事になるだろう。ベナリア史/History of Benaliaウィンドグレイスの騎士、アルイェール/Aryel, Knight of Windgraceと共に騎士に寄せた白黒デッキが組めそうなら併用したい。各種オーラによる支援は勿論のこと、イラストのイメージ通り馬上槍/Jousting Lance装備させ突破力を与えるのも良いだろう。

[編集] 参考

  1. 『ドミナリア』日本語版の誤訳のお知らせとお詫び(2018年4月12日)
QR Code.gif