貢納

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
貢納/Tribute
種別 常在型能力
登場セット 神々の軍勢
CR CR:702.103

貢納(こうのう)/Tributeは、神々の軍勢で制定されたキーワード能力。これを持つクリーチャー戦場に出る際に機能する常在型能力である。


Pharagax Giant / ファラガックスの巨人 (4)(赤)
クリーチャー — 巨人(Giant)

貢納2(このクリーチャーが戦場に出るに際し、あなたの望む対戦相手1人はこれの上に+1/+1カウンターを2個置いてもよい。)
ファラガックスの巨人が戦場に出たとき、貢納が支払われていない場合、ファラガックスの巨人は各対戦相手にそれぞれ5点のダメージを与える。

3/3

[編集] 定義

貢納N/Tribute Nは「このクリーチャーが戦場に出るに際し、対戦相手1人を選ぶ。そのプレイヤーはこのクリーチャーを、+1/+1カウンターが追加でN個置かれた状態で戦場に出してよい。」を意味する。

貢納を持つオブジェクトは、「貢納が支払われていない場合」に働く誘発型能力を持つ。貢納能力によって選ばれた対戦相手が、クリーチャーの貢納能力が指定する+1/+1カウンターを置かないでクリーチャーを戦場に出した場合、この条件が真であることになる。

[編集] 解説

神々の軍勢で追加されたキーワード能力。人々に”捧げ物”を要求するテーロス/Therosの怪物達を表している。

[編集] ルール

  • 貢納を支払うかどうか選択されるのは、そのクリーチャーが戦場に出る際である。その段階に入ったら、もうその呪文を打ち消すことはできない。
  • 貢納を支払ったかどうかをチェックする際には、貢納を支払うことを選んだかどうかのみが参照される。カウンターの数が変動したり、実際には1個も乗らなかったりしても、関係ない。
  • 貢納が支払われてない場合に働く誘発型能力はif節ルールが使われているので貢納が支払われている場合は誘発しない。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif