誘惑蒔き/Sower of Temptation

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sower of Temptation / 誘惑蒔き (2)(青)(青)
クリーチャー — フェアリー(Faerie) ウィザード(Wizard)

飛行
誘惑蒔きが戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。誘惑蒔きが戦場に出続けているかぎり、そのコントロールを得る。

2/2

クリーチャーになった支配魔法/Control Magic。元々支配魔法は1対2交換が出来るカードとして評価されているが、これはさらに2/2飛行として戦力になるため、いうならば1対3交換であり、驚異的なパフォーマンスを誇る。またこれ自身フェアリーウィザードなので部族支援を受けやすいことも見逃せない。

単純にクリーチャー奪取カードとして支配魔法と比較しても、クリーチャーとなったおかげでからは干渉を受けづらくなり、バウンス墓地回収で再利用しやすいなどメリットは多い。しかしデメリットもまたクリーチャー化と表裏一体であり、黒や赤相手には破壊されやすくなったため、せっかく得たアドバンテージ除去で取り返されやすい。

リミテッドでは非常に優秀。コントロールを奪うのが強力である事は言うまでもなく、単にフライヤーとして見ても及第点である。

構築でも同様に強力であり、単純にフェアリーデッキパーミッションに挿される事も多い。また、ブリンクでは対策カードとして主力の一角を誇る。CIP能力の再利用が容易になるため、奪ったクリーチャーを使い捨てしやすく、除去された時に、全てのアドバンテージを取り返されずに済むことが多い。一瞬の瞬き/Momentary Blinkで維持が容易になるのも重要な点。

モダン以下のフォーマットでは青黒テゼレットTezzeret's Vaultなど、を含むコントロールデッキにおいて、主にサイドボードから少数採用されることがある。突然の衰微/Abrupt Decayで除去されないのも地味ながら利点。

[編集] 参考

QR Code.gif