老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Elder Deep-Fiend / 老いたる深海鬼 (8)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) タコ(Octopus)

瞬速
現出(5)(青)(青)(あなたはこの呪文を、クリーチャー1体を生け贄に捧げるとともに(X)だけ減らした現出コストを支払って唱えてもよい。Xはそのクリーチャーの点数で見たマナ・コストに等しい。)
あなたがこの呪文を唱えたとき、パーマネント最大4つを対象とし、それらをタップする。

5/6

唱えた時にパーマネントを4つまでタップするエルドラージタコ

現出瞬速は相性がよく、除去対象になったクリーチャー生け贄に捧げることでディスアドバンテージを帳消しにできる。素出しでも性能は申し分なく、対戦相手アップキープ土地をタップしてテンポ・アドバンテージを稼ぐ、あるいは終了ステップブロッカーをタップしパワー5を確実に叩き込むなど腐らない使い方ができるのが強み。

登場時のスタンダードでは現出デッキの主戦力として活躍している。特にコジレックの帰還/Kozilek's Returnとのシナジーが強烈で、全体除去をしつつ土地をタップすることで相手の1ターンの行動を大幅に制限できる。霊気紛争追加後は4色型のサヒーリコンボに採用される場合がある。土地をタップしてサヒーリ・ライ/Saheeli Rai守護フェリダー/Felidar Guardianへの妨害に蓋をする役割があるほか、守護フェリダーが引けなかったり対処されてしまった場合でも、第二のプランとしてこれでブロッカーをどかし、サヒーリ・ライでコピーして計10点を叩き込んで殴り勝つこともできる。マナを伸ばしやすいデッキ構成なのも相性がよい点。

  • イニストラード次元における初のタコである。そのため、エルドラージ化する以前の姿はカード化されていない。
  • 対戦相手のアップキープに土地をタップする動きはかつての霧縛りの徒党/Mistbind Cliqueを髣髴とさせる。これはデベロップでもそのように意図されていた。(参考/翻訳

[編集] 参考

QR Code.gif