略式判決/Summary Judgment

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Summary Judgment / 略式判決 (1)(白)
インスタント

タップ状態のクリーチャー1体を対象とする。略式判決はそれに3点のダメージを与える。
附則 ― あなたがこの呪文をあなたのメイン・フェイズ中に唱えていたなら、代わりに、これはそのクリーチャーに5点のダメージを与える。


タップ状態のクリーチャーを狙い撃ちにする除去インスタント

2マナ軽く附則を満たせば5点と高効率、通常でも3点と討ち取れる範囲も申し分なく使いやすいカード。敵が攻撃してきた返しのターン今引きしてもすぐに唱えられるレンジストライクに無い強みと、復讐/Vengeance系としては珍しくインスタントで対戦相手の行動中に割り込める身軽さを併せ持つ。一方、警戒持ちを狙えないのはレンジストライク系呪文に劣る弱点といえる。

スタンダードでは封じ込め/Seal Awayとの比較になるが、こちらは討ち取れる範囲が狭いうえにPIG能力を誘発させてしまうなど劣る部分も数多い。基本的には封じ込めが優先されるだろう。

リミテッドにおいては白の基本的な除去となる。コモンで集めやすくシングルシンボルで採用しやすい文句なしの性能。効率は落ちるが組織のギルド魔道士/Syndicate Guildmage解任/Deposeと併せて無理やりタップ状態にする小技も覚えておこう。

  • 白にはタップ状態のクリーチャーを破壊追放する呪文は数多く存在したが、ダメージによって除去するものはありそうで無かった効果
  • 略式判決(Summary Judgment)とは、米国の裁判制度における正式な審理を省略して行われる裁判のこと。

[編集] 参考

QR Code.gif