戦列への復帰/Return to the Ranks

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Return to the Ranks / 戦列への復帰 (X)(白)(白)
ソーサリー

召集(あなたのクリーチャーが、この呪文を唱える助けとなる。この呪文を唱えるに際しあなたがタップしたクリーチャー1体で、(1)かそのクリーチャーの色のマナ1点を支払う。)
あなたの墓地にある、点数で見たマナ・コストが2以下のクリーチャー・カードX枚を対象とし、それらを戦場に戻す。


召集付きの小型クリーチャー限定リアニメイト呪文

3マナで2マナ以下のクリーチャーを1体釣り上げ、マナを追加するほどに対象が増える。マナ・コストが固定された召集付き呪文とは、最低限のコストを支払う分以上のクリーチャーもXの拡大に貢献できる点で一線を画する。代わりに墓地のクリーチャーの数が上限に関わるので、最大限に活かすならば墓地を肥やせるカードと併用するのがよい。同じセットのサテュロスの道探し/Satyr Wayfinderは召集要員の確保と墓地肥やしを同時にこなし、自身も対象の範囲に含まれる。

ボード・アドバンテージを得やすいカードに見えるが、どれだけマナをつぎ込んでも小型クリーチャーが並ぶだけでゲームの決定打になりがたい。軽量クリーチャー主体のウィニーデッキでは攻撃と召集への参加が両立できず、全体除去の後では召集が活きず効果が小さくなる。

リミテッドにおいては小型クリーチャーは主力になりづらいが、精油の壁/Wall of Essenceのような黒猫/Black Cat等のPIGETB能力を持ったクリーチャーを使いまわすとよい。

軽量クリーチャーの候補が増えるモダン環境ではアリストクラッツに組み込まれ、戦列への復帰デッキを成立させた。

それ以外に採用が考えられるデッキとしては、再誕の宣言/Proclamation of Rebirthを採用するソウルシスターズなどが挙げられる。再誕の宣言は3マナでクリーチャーを3体戻せるが、魂の管理人/Soul Wardenといったシステムクリーチャーを召集に利用しやすく、2マナのクリーチャーも対象にできるので手札破壊で墓地へ落ちた戦隊の鷹/Squadron Hawkをまとめて戦列へ復帰させたり、アジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemateを魂の管理人や魂の従者/Soul's Attendantと一緒に釣る事でアジャニの群れ仲間を戦線復帰させると同時に一気にサイズアップさせるなど、こちらが勝る場面がある。またタルモゴイフ/Tarmogoyfセラの報復者/Serra Avengerといった強力な2マナのクリーチャーを有するアグロデッキでの採用も考えられる。

[編集] 参考

QR Code.gif