黒猫/Black Cat

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Black Cat / 黒猫 (1)(黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) 猫(Cat)

黒猫が死亡したとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚無作為に選んで捨てる。

1/1

死亡誘発能力精神のナイフ/Mind Knivesが使えるクリーチャー

パッと見は貪欲なるネズミ/Ravenous Ratsに似ているが、CIPPIGの違いはかなりの差。特に即効性がなく、単体では効果を発揮するタイミングが選びづらい点、バウンスなどで再利用できなくなった点は明確な欠点。しかし無作為に手札破壊することができ、またインスタント・タイミングでの誘発を狙うならば戦場に出すよりも生け贄に捧げるなどして死亡させる方が容易であるという利点もある。総じて、貪欲なるネズミよりビートダウン相手に強めと言えるか。

相手の1/1と相討ちすればアドバンテージを得られるため便利ではあるが、さすがにサイズがいささか頼りない。チャンプブロック要員として割り切るか、ゾンビ部族シナジーで補助してやるとよいだろう。特にアンデッドの王/Lord of the Undeadとは相性がよい。

クリーチャーとしても、手札破壊としても、全体的に中途半端な印象を受けるが、闇の隆盛参入時点のスタンダードではトーナメントレベルの軽量ハンデス蔑み/Despise困窮/Distress程度しかないため、そういった意味では貴重な存在。

  • 1マナ生け贄エンジンと組み合わせれば、2ターン目に土地を捨てさせることも可能だが、スタンダードでは該当する生け贄エンジンが存在しない。
  • メカニズムに共通点はないが、聖所の猫/Sanctuary Catと対を成している。好きにはたまらないコンビだが、こっちはゾンビである。

[編集] 開発秘話

このカードは、元々イニストラード用にデザインされた初期のカードの1つであった。デベロップ段階の後半にカードを置く場所がないことが判明したため、他のカードと依存関係を持たないこのカードはイニストラードから取り除かれた。

取り除かれたことを知ったMark Rosewaterはすぐさま闇の隆盛のファイルにこのカードを入れた。闇の隆盛ではほとんど変更されることなく印刷に至る。(→Dark Shadows, Part 1/暗き影 その1参照)

[編集] 参考

QR Code.gif