巨智、ケルーガ/Keruga, the Macrosage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Keruga, the Macrosage / 巨智、ケルーガ (3)(緑/青)(緑/青)
伝説のクリーチャー — 恐竜(Dinosaur) カバ(Hippo)

相棒 ― あなたの開始時のデッキに、マナ総量が3以上のカードと土地カードのみが入っていること。(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、ソーサリーとして(3)を支払うことでゲームの外部からそれをあなたの手札に加えてもよい。)
巨智、ケルーガが戦場に出たとき、あなたは、他の、あなたがコントロールしていてマナ総量が3以上のパーマネント1つにつきカードを1枚引く。

5/4

緑青混成伝説の恐竜カバデッキ土地以外のカードがすべて3マナ以上なら相棒にできる。

ETB能力轟く声、ティシャーナ/Tishana, Voice of Thunderなどに似ているが、類似カードがクリーチャーを数えるのに対し、こちらはマナ総量が3以上のパーマネントを数える。一長一短だが、比較的除去されにくいエンチャントなどでもドロー枚数を確保できるのはメリットと言えるだろう。相棒の中ではボード・アドバンテージを得たり常在型能力や繰り返し使える能力もなく比較的地味な所はあるが、5マナ5/4と基本性能も悪くなく、無理に大量ドローを狙わずとも十分強力。明滅などと併用できた際にに獲得できるハンド・アドバンテージは計り知れない。

2マナ以下のカードを採用できないという相棒の条件は軽視できるものではなく、特にアグロ相手に弱くなってしまう。しかしスタンダードゲームスピードであれば、3ターン目の全体火力などで巻き返すことが可能な範囲ではある。2ゲーム目以降は軽いカードをサイドインし、ケルーガを諦めるような構成も考えられる。

スタンダードではファイアーズで採用されている。もともと2マナ以下のカードが少ないデッキなので相棒の条件を満たすのは容易で、序盤のアクションは以前から重用されていた些細な盗み/Petty Theft踏みつけ/Stompである程度補える。5マナ前後のクリーチャーを並べるデッキであるため、自然にデッキの動きに沿って運用できるうえに、創案の火/Fires of Inventionがある状態で1つ目の呪文として他のクリーチャー、2つ目にこれを唱える形で容易に複数枚ドローできる機会も多く、総じてデッキに噛み合っている。

[編集] ルール

[編集] 相棒の条件

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イコリア:巨獣の棲処相棒クリーチャーサイクル混成カード伝説のクリーチャーで、それぞれ異なる条件の相棒能力を持つ。稀少度レア

[編集] ストーリー

ケルーガ/Kerugaイコリア/Ikoriaに棲む、恐竜カバの特徴を併せ持つ怪物(イラスト)。

賢者リエール/Rielleは、ビビアン/Vivienに新たな賢者を紹介してくれた。巨大な爬虫類じみたカバの輝く眼を見つめたビビアンは、自分が無限に近い知識を前にしていることを理解した。その賢者が授けた知恵は、ビビアンの生涯の宝物となった――「ブワアアアアア」という鳴き声を聞いただけだが、それで充分だったのだ[1]

[編集] 脚注

  1. The Ikoria: Lair of Behemoths Story on Cards(Feature 2020年4月3日 Wizards of the Coast著)

[編集] 参考

QR Code.gif