プロツアー「ギルド門侵犯」

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー「ギルド門侵犯/Pro Tour Gatecrashは、2013年にカナダ・モントリオールで開催された、スタンダードブースター・ドラフトプロツアー

メタゲームの中心となったのはギルド門侵犯の新カードボロスの反攻者/Boros Reckonerナヤグルールアグロトリコフラッシュなど様々なデッキに採用され、ベスト8では合計16枚が使われた。Team StarCityGames.comが持ち込み見事優勝を飾った新デッキ、The Aristocratsにおいてもパーツの1つを務めている。

活躍したその他の新カードは各種ショックランド、The Aristocratsのカルテルの貴種/Cartel Aristocratオルゾフの魔除け/Orzhov Charm赤緑ビートダウンにおける炎樹族の使者/Burning-Tree Emissaryドムリ・ラーデ/Domri Rade円環の賢者/Gyre Sageなど。

ジャンドミッドレンジ青白コントロール系のデッキは土地以外の収穫が少なかったものの、引き続き活躍している。

  • ベスト8は、スウェーデンのJoel Larssonを除いて、他7名がアメリカ勢。
  • Melissa DeToraは、女性初のプロツアーベスト8入賞。
  • 日本人最高位は三原槙仁の28位。日本勢がプロツアーベスト8に残れなかったのは世界選手権10以来となる。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 参考

2013シーズン
ワールド・ウィーク ワールドカップ (東京予選 - 大阪予選 - 名古屋予選 ) - 世界選手権
プロツアー ギルド門侵犯(モントリオール) - ドラゴンの迷路(サンディエゴ) - テーロス(ダブリン)
グランプリ
第1シーズン インディアナポリス - デンバー - アトランティックシティ - シンガポール - ビルバオ - シドニー - ロンドン - ケベックシティ - シャーロット - 横浜 - ヴェローナ - リオデジャネイロ - サンディエゴ - ユトレヒト - ピッツバーグ
第2シーズン ストラスブール - ポートランド - 北京 - グアダラハラ - プロビデンス - ヨーテボリ - ヒューストン - ラスベガス - バンコク - マイアミ - カンザスシティ - カルガリー - リミニ - ワルシャワ
第3シーズン 北九州 - オークランド - プラハ - デトロイト - オクラホマシティ - ブリスベン - ルイビル - 香港 - アントワープ - サンティアゴ - ヴァレンシア - ワシントンDC - アルバカーキ - 京都 - トロント - ウィーン
その他 ヴィンテージ - レガシー - 日本レガシー
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif