ファイアソングとサンスピーカー/Firesong and Sunspeaker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Firesong and Sunspeaker / ファイアソングとサンスピーカー (4)(赤)(白)
伝説のクリーチャー — ミノタウルス(Minotaur) クレリック(Cleric)

あなたがコントロールしていて赤でありインスタントかソーサリーである呪文は絆魂を持つ。
白でありインスタントかソーサリーである呪文によりあなたがライフを得るたび、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ファイアソングとサンスピーカーはそれに3点のダメージを与える。

4/6

ダメージ呪文にはライフ回復効果を、いライフ回復呪文にはダメージ効果を付与する二人組の伝説のミノタウルスクレリック

未評価カードです
このカード「ファイアソングとサンスピーカー/Firesong and Sunspeaker」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。
赤白多色火力ならどちらの能力も効果を発揮し相性が良いのだが、残念ながらスタンダードでは共存していない。

[編集] ルール

  • 呪文によりあなたがライフを得るとは、その呪文のコスト効果によってあなたがライフを得ることを指示されるか、呪文のコストや効果が置換効果によって変更されて変更後のイベントがあなたがライフを得ることを含んでいたことである。呪文のコストや効果によって、あなたがコントロールしていて絆魂を持つ発生源にダメージを与えるように指示があった場合も、その呪文によりライフを得ることになる。
    • 「何か1つにつき何点のライフ」のような形で得るライフの点数が指定された場合は、そのライフは単一のイベントとして得る。2つ目の能力は1回しか誘発しない。
    • 白でありインスタントかソーサリーであるカードだが呪文ではないものによりあなたがライフを得た場合(たとえば、新たな信仰/Renewed Faithサイクリング誘発型能力)には、2つ目の能力は誘発しない。
  • 2つ目の能力ではプレインズウォーカー対象に選べないことに注意。
  • 1つ目の能力に釣られて見落としがちだが、2つ目の能力には「あなたがコントロールしている」呪文という条件が付いていない。他のプレイヤーがコントロールする白の呪文でライフを得た場合にも誘発する(尊い捧げ物/Benevolent Offering焦熱の裁き/Fiery Justice等)。

[編集] ストーリー

ファイアソングとサンスピーカー/Firesong and Sunspeakerは、ハールーン・ミノタウルスの兄弟[2]である。

凍えるハールーン山脈において、ミノタウルスは「熱」を二つの形態で崇拝している。豊かではない地に恵みの祝福を与える”太陽”と、暗い洞窟生活を暖める”暖炉”である。彼ら兄弟はこの二つ伝統を結びつける紡ぎ手であり、彼らの歌う物語は戦いの腕前と同様の評判を得ていると言う。

ハールーン山脈のミノタウルスは戦いを好むことで名高い。また、敵と友との隔てなく、死者への賛歌を捧げることでも知られている。この賛歌はときとして数日にわたり、もの悲しい低い声で山や谷を満たす。
ハールーンの峰々が静まることはない。
(出典:ファイアソングとサンスピーカー/Firesong and Sunspeaker

[編集] 脚注

  1. 『ドミナリア』ボックス先行リリースキャンペーンについてのお知らせ(News 2018年3月22日)
  2. キャラクター設定「ドミナリアの伝説たち」和訳版は「兄弟」だが原文は「siblings(男女の区別をつけない兄弟)」のため、いずれか一方あるいは両者が姉または妹である可能性がある

[編集] 参考

QR Code.gif