ハルシオンの目撃者、エヴラ/Evra, Halcyon Witness

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Evra, Halcyon Witness / ハルシオンの目撃者、エヴラ (4)(白)(白)
伝説のクリーチャー — アバター(Avatar)

絆魂
(4):あなたのライフ総量とハルシオンの目撃者、エヴラのパワーを交換する。

4/4

自身のパワーの値とコントローラーライフ総量を交換してしまう、解放の樹/Tree of Redemptionに似たクリーチャー

解放の樹と違い、素の状態では交換直後のライフが4になり危険だが、そこさえ凌げば絆魂により立て直しが可能である。何らかの方法で回避能力を持たせれば爆発的なダメージを与えうる。

リミテッドにおける強力なフィニッシャー。絆魂や先制攻撃等の防御に優れた能力を持つクリーチャーを揃えれば、6マナが出るまで二桁以上のライフを維持することは難しくなく、立っているだけで対戦相手にとっては圧力となる。コモンペガサスの駿馬/Pegasus Courserも居るため、飛行付与もかなり現実的。インスタントプレイヤーに4点以上のダメージを与えるものはドミナリアには存在せず、警戒すべきなのはキッカーされたシヴの火/Shivan Fire不純な捧げ物/Vicious Offering等のクリーチャー除去程度であるため、見た目よりもリスクは小さい。

[編集] ルール

  • 基本的なルールは解放の樹のページを参照。
  • 能力の解決時にエヴラが戦場に存在しない場合、交換は実行されない。
  • リッチの熟達/Lich's Mastery等によりあなたのライフが0以下の状況でゲームが続いている場合、起動型能力を解決するとエヴラのパワーは負の数値になる。
    • パワーが負のクリーチャーが戦闘等でパワーの値を参照してダメージを割り振る場合、パワーを0として扱う。負だからといって絆魂でライフが減少するということもない。
  • エヴラのパワーが0以下の時に起動型能力を解決した場合、あなたのライフは0以下となり、状況起因処理により敗北する。

[編集] ストーリー

ハルシオンの目撃者、エヴラ/Evra, Halcyon Witnessスラン/Thran文明の創造物である。古代スラン/Thran文明は、その名を冠するスラン戦争にて滅亡。首都ハルシオン/Halcyonから解き放たれた力は形を成し、かつての偉業と崩壊の物言わぬ証人が誕生したのだった。

[編集] 誤訳(適切な訳とは言えないカード)

カード名の「Witness」を「目撃者」と訳しているが、これは適切でない疑いがある。

  • ハルシオン/Halcyonの目撃者、という言葉の場合「1、ハルシオン目撃した」「2、ハルシオンにて何かを目撃した」という意味になるが、ハルシオンは地名なので「1」は考えにくい。「2」である場合、ハルシオンにてスランの崩落/Fall of the Thranを目撃したと考えるのがストーリーに沿っているが、スランの崩落によってエヴラが生み出されたため、これも考えにくい。
  • 永遠の証人/Eternal Witness終末の目撃/Witness the Endのように2種類の単語で先例が訳されているが、「ハルシオン(スラン帝国)がかつて実在していたという証人、証拠。」であると考え「証人」と訳すほうが妥当と言える。
  • なおMTG.jpのFacebookアルバムにて公開されたキャラクター紹介には英語版の「silent witness」部分が「物言わぬ証人」と訳されている。公式の中で翻訳ぶれが起きてしまっている。

[編集] 参考

QR Code.gif