ドラゴンの怒りの媒介者/Dragon's Rage Channeler

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dragon's Rage Channeler / ドラゴンの怒りの媒介者 (赤)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

あなたがクリーチャーでない呪文を唱えるたび、諜報1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたの墓地に置いてもよい。)
昂揚 ― あなたの墓地にあるカードの中に4種類以上のカード・タイプがあるかぎり、ドラゴンの怒りの媒介者は+2/+2の修整を受け、飛行を持ち、各戦闘で可能なら攻撃する。

1/1

クリーチャーでない呪文唱えるたび諜報を行うシャーマン昂揚を達成すると攻撃強制が付くが、3/3飛行になる。

デッキ構成の工夫こそ必要なものの、1マナにしてパワー3のフライヤーになるパンチ力は高く、また諜報によりドローを安定させられる点も呪文を多めにして土地を切り詰めるデッキにとって魅力的である。

攻撃強制のペナルティ能力は1マナのクリーチャーでタフネス2,3程度の飛行クリーチャーと相討ちできるならば得な取引のため、基本的には大きな欠点にならない。それでも濁浪の執政/Murktide Regentなどの大型フライヤーに突っ込んで一方的に自滅するリスクはあるので注意。

モダンではデルバー系デッキで従来の秘密を掘り下げる者/Delver of Secretsと置き換えられる形で採用されているほか、その他のを含むアグロデッキでも使用されている。ミシュラのガラクタ/Mishra's Baubleというハンド・アドバンテージを失わず、0マナで唱えられ、比較的用意しにくいアーティファクトであり、そして自力で生け贄に捧げることができる最高の相方が存在するため、基本的にこれら2種のセットで運用される。裏を返すとスロットや戦法の問題でこれらを併用できないデッキでは採用されにくい。

レガシー青赤デルバーでは秘密を掘り下げる者と並んでアタッカーに採用される。

Jumpstart: Historic Horizonsで収録されたことによりヒストリックでも使用可能となった。イゼット・フェニックス赤単マッドネスの先鋒を務める。

[編集] 参考

QR Code.gif