ドラゴン使い、シヴィトリ/Sivitri, Dragon Master

提供:MTG Wiki

シヴィトリから転送)
移動: 案内, 検索


シヴィトリ・スカーザム/Sivitri Scarzamリメイクバニラクリーチャーから大胆にもプレインズウォーカーに転身。当然、能力には何も繋がりが無いが、初期忠誠度で原型のタフネスを再現している。忠誠度能力攻撃抑制、ドラゴンサーチ全体除去

+1能力
血の報い/Blood Reckoning系の攻撃抑制。
自分を狙うことにデメリットを持たせ、対戦相手同士のつぶし合いを誘う。特にウィニーに有効。ただし統率者戦初期ライフが大きく、対戦相手の数が多い都合から完全な抑止力とするには不安が大きい。
-3能力
サルカンの凱旋/Sarkhan's Triumph
シンプルにアドバンテージを得られる。ハイランダー統率者戦では特に有効な能力
-7能力
命運の核心/Crux of Fateの2つ目のモード
自分の戦力を残しつつ全体除去を撃ち、嵌まれば圧倒的なボード・アドバンテージを得られる。とはいえ奥義なので、+1能力を使っても簡単には撃てず、「撃てば勝ち」とするには下準備が必要なため、無理をしてまで狙うほどのことはない。ミラーマッチではほぼ無意味なのも難。

マイナス能力2つはどちらもドラゴンに関与したものであるため、やはり基本的にはドラゴンの部族デッキに投入したい。しかしながら、本人の固有色青黒という点がネック。青黒にも優秀なドラゴンは多数存在するものの、統率者に指定するとドラゴンの大本命であるが使えなくなるのは痛い。ドラゴンデッキ用の統率者候補は始祖ドラゴン/The Ur-Dragonなど、青黒に加え赤を含むものも複数存在するため、統率者には別のカードを指定するか、割り切ってを限定させるかの二択になる。

  • シヴィトリ・スカーザムにはドラゴンのペットがおり、イラストフレイバー・テキストにも記載されている。ドラゴンにフォーカスを当てた能力はこれを再現したものだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

団結のドミナリア統率者デッキの、「語り継がれる伝説/Legends Retold」のサイクルレジェンド伝説のクリーチャーリメイクカードで、いずれも友好色2色か3色の多色ドラゴン使い、シヴィトリ/Sivitri, Dragon Masterのみプレインズウォーカー、他は伝説のクリーチャー。

白青
青黒
黒赤
赤緑
緑白
白青黒
青黒赤
黒赤緑
赤緑白

白青が1枚多く緑白青が存在しないため色配分が不均衡に見えるが、固有色で見れば傭兵、ジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen, Mercenaryは緑白青なので均等になる。

[編集] 参考

QR Code.gif