グランプリ上海17

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

グランプリ上海17/Grand Prix-Shanghai 2017は、2017年に中国で開催されたスタンダードグランプリ

2日目開始時点での使用率はラムナプ・レッドが22.6%で1位、ティムール・エネルギーが21.7%で2位(4色エネルギーを含めると33.0%で1位)となり、前週のプロツアー「イクサラン」に続き高い値を示した。一方、そのプロツアーを制したスゥルタイ・エネルギーも3位(12.3%)にまで躍進した(参考)。

ラムナプ・レッドとティムール・エネルギー/4色エネルギーはその後も快進撃を続け、Top8に合計7人を送り込む結果となった。なおTop8はいずれもを含むデッキとなり、全員が山/Mountain削剥/Abrade反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defianceを使用している。

Top8の半数は日本勢。特に諸藤拓馬は準々決勝で敗退したものの、グランプリ史上7人目となる予選ラウンド15戦全勝を成し遂げた。また渡辺雄也は1位タイ(当時)となる28回目のグランプリTop8入賞を達成し、岡田尚也はオリジナルのグリクシス即席工匠で結果を残し、田中宏直は準優勝の座に輝いた。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] Top8

[編集] 初日全勝

[編集] 参考

2017シーズン
世界選手権
ワールドカップ
世界選手権 - ワールド・マジック・カップ
国別選手権 日本 - イングランド - アメリカ
プロツアー プロツアー「霊気紛争」(ダブリン) - プロツアー「アモンケット」(ナッシュビル) - プロツアー「破滅の刻」(京都) - プロツアー「イクサラン」(アルバカーキ)
グランプリ
16-17シーズン ルイビル - サンノゼ - プラハ - ピッツバーグ - バンクーバー - ブリスベン - ユトレヒト - ニュージャージー春 - バルセロナ - 静岡春 - ポルトアレグレ - オーランド - サンアントニオ - メキシコシティ - リッチモンド - ボローニャ - 北京 - モントリオール - サンティアゴ - コペンハーゲン - 神戸 - オマハ - アムステルダム - マニラ - ラスベガスレガシーリミテッドモダン) - クリーブランド - シドニー - トロント - 京都
イクサラン
サイクル
ミネアポリス - バーミンガム - サンパウロ - デンバー - インディアナポリス - メッス - ワシントンDC - トリノ - プロビデンス - 静岡秋 - フェニックス - リバプール - 香港 - アトランタ - ワルシャワ - 上海
イクサランの相克
サイクル
ポートランド - リヨン - オクラホマシティ - マドリード - ニュージャージー冬 - シンガポール
その他 チームシリーズ決勝 - SSSチャンピオンシップ - ヴィンテージ - レガシー - ヨーロッパヴィンテージ - ヨーロッパレガシー - Finals
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-200520062007200820092010201120122013201420152016201720182019
QR Code.gif