お休みランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

お休みランドは、2の中から好きな1マナを出せるが、次のアンタップ・ステップアンタップできなくなる土地の総称。


Land Cap
土地

Land Capは、その上に枯渇(depletion)カウンターが置かれている場合、あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
あなたのアップキープの開始時に、Land Capから枯渇カウンターを1個取り除く。
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。Land Capの上に枯渇カウンターを1個置く。



Cinder Marsh / 燃えがらの湿地帯
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに(黒)か(赤)を加える。燃えがらの湿地帯はあなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。



Pinecrest Ridge / 松の頂の峰
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに(赤)か(緑)を加える。松の頂の峰は、あなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。


アイスエイジで初めて登場し、その後テンペスト神河物語にも登場。現在存在するのはすべて友好色同士のものである。

アイスエイジ版のみ、デメリット無しに無色マナを出す能力を持っていないため、テンペスト版や神河物語版の下位互換である。 ただしカウンターを操作するカードとのシナジーを利用することは可能である。

  • アイスエイジ版も以下のように、テンペスト版や神河物語版の下位互換にルール文章が変更されていた時期があった(第10版発売時のオラクル変更で元に戻った)。

旧オラクル

Land Cap
土地

(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。Land Capはそのコントローラーの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。


どれもあまり使用頻度は高くなかった。色事故率を下げてデッキの展開を安定させるのが多色地形採用の1つの大きな目的だが、2ターンに1度しかマナを出せないこれは、長いスパンでみるとマナ生産力が低く、展開速度面であまりお得にならない。そのあたりが採用されづらい理由だろう。

  • 特にアイスエイジ版では、同じセットに競合するペインランドがあり、しかもそちらは「ハンデなく無色マナを出せる」能力を持っている点でもこちらは不遇。毎ターンマナをだせてかつ望めばハンデなしを選べるペインランドと、どう望んでも2ターンに1度しかマナを出せないこれとでは、比較にならないのは当然だろう。
  • テンペストや神河物語で登場した「ハンデなく無色マナを出せる」改善版も、やはりペインランドとの比較では展開速度の低さゆえに使いにくいことが多かった。

とはいえ、以下のようなデッキではペインランドに代わって導入されている事例もいくつか見られる。

アイスエイジ版が枯渇(depletion)カウンターを使って処理していることから、「ディプリーションランド」「枯渇ランド」と呼ばれることもある。

[編集] 該当カード

[編集] 参考

QR Code.gif