札束

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

札束とは、文字通り「大金」の意味で、転じて「高額カードをたくさん使ったデッキ」を指す。対義語は貧乏デッキ

蔑称・皮肉の意味合いが強いが、これは単なる僻みなどというわけではなく、新規参入やローテーションの変化に際して大きな障壁となっているのが一番の問題であり、札束デッキの使用者のみならずR&Dへの不平不満も篭められていることが多い。そのためトップメタのデッキが札束ばかりの環境だと特に札束に対する不満が高まりやすい。ローテーションが存在しないエターナルモダンだと札束と呼ばれるデッキを構築するには相当な金がかかるので、特にその傾向が顕著。

ただしカードの価格は需要に応じて変動するものであるため、安価であったデッキが後に「結果的に」札束になる、ということも多々ある。近年はインターネットが普及したこともあり、ローグデッキが大会で結果を出したりすると、あっというまに人気デッキになりキーカードの取引価格が暴騰することも珍しくない。タルモゴイフ/Tarmogoyfのようにカスレアからトップレアまで出世した例もある。

  • 多色地形プレインズウォーカーは高額になりやすいため、それらを多用する多色デッキは必然的に札束になる。
  • あくまで相対的な概念であり、いくら以上の値段から札束と呼ぶ、というような基準はない。それぞれのフォーマットごとに相場は変わってくるだろうし、また各プレイヤーごとの金銭感覚の差も影響してくるだろう。
    • エターナルでも相対的な観点から札束とそうでないデッキを区別することはできるが、特にヴィンテージともなると、できるだけ安価にデッキを組んでもかなりの資金が必要になるのが通常のため、あまり札束という単語は用いられない。
  • エターナル環境、あるいはマジック:ザ・ギャザリングそれ自体を指して「札束ゲー」などと揶揄されることもあるが、この場合はもはや金ゲーという意味合いに近い。
  • 稀に、プレミアム・カードプロモーション・カードなど、カードパワーとは関係なく入手困難で高額なカードを多用したデッキを「札束」という場合もある。

[編集] 参考

QR Code.gif