Penny Dreadful

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Penny Dreadfulは、非公式フォーマットの1つ。Magic Online上で0.02tix(≒2円)で手に入れられるカードのみを使うことができる構築フォーマットである。略称PD

[編集] 概要

使用可能なカードのリストはPenny Dreadful公式サイト上に掲載される。このリストはスタンダードに新しいカードセットが追加されるごとに更新され、その時点で0.02tixで入手可能なカードすべてが、次のリスト更新までの使用可能カードとなる。

  • 当初は0.01tix以下のカードのみ使用可能だったが、イコリア:巨獣の棲処環境のシーズン16では使用可能なカードが5000種類を下回る見込みとなったため、十分なカードプールを確保するために条件が緩和された。

実際の対戦はフリーフォーム、Just for Funで行われている。また、非公式ながらリーグも専用サイトを用いて開催されている。LEAGUE→SIGN UPでデッキ登録を行ってから、対戦募集時のコメントに「Penny Dreadful League」と書けば良い。戦績報告は専用のbotが行ってくれる。

  • カードプールの特殊性からカード検索がしづらいが、カード検索サイトScryfall(英語)はPenny Dreadfulに対応しており、使用可能カードを細かく絞り込み検索できる。
  • ペニー(penny)はアメリカにおける1セントの通称。penny dreadfulは英語で「三文小説」(つまらない小説)のこと。
  • カード検索サイトMTGGOLDFISHにおいて、非公式フォーマットで唯一Metagameが扱われているフォーマットである。

[編集] 特徴

  • 最大の特徴はなんといってもその安さ。フォーマットの性質上、どんなデッキでもわずか数tixで組むことができる。パウパーよりも安上がり。
  • パウパー同様、高いカードパワーを持つカードも数多く存在する。超起源/HypergenesisZuran OrbKjeldoran Outpostも使用可能である(シーズン6時点)。
  • 新セット発売のたびにカードプールが大幅に入れ替わるため、スタンダードよりも流動性が高い。
  • 1つのデッキが支配的になると同時にそのデッキに使われているカードの価格が上がって使用可能カードから外れるため、一種の自浄作用が働く。それゆえ禁止カードはまだ存在していない。

[編集] 参考

QR Code.gif