解き放たれた狂戦士/Unchained Berserker

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Unchained Berserker / 解き放たれた狂戦士 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 狂戦士(Berserker)

プロテクション(白)(このクリーチャーは白のものによっては、ブロックされず、対象にならず、ダメージを与えられず、エンチャントされず、装備されない。)
解き放たれた狂戦士が攻撃しているかぎり、これは+2/+0の修整を受ける。

1/1

アダントの先兵/Adanto Vanguardと同様の常在型能力で攻撃時のみ3/1になるプロテクション)持ち。

ほかの相手だとやや物足りない戦力なので、やはり白への色対策カードとして運用すべきだろう。プロテクション(白)持ちの代表格である血騎士/Blood Knightと比べると色拘束と白相手のアタッカー性能で勝り、汎用性とブロッカー性能に劣る形で、より前のめりになっている。

初出時のスタンダードで活躍していた白を含むデッキエスパー・ヒーロー吸血鬼デッキなどで、白以外のクリーチャー除去が豊富だったためこのカードはあまり使われなかった。しかしテーロス還魂記が追加されて以降は「単体除去払拭の光/Banishing Light(と時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler)のみ」の青白コントロールに強いことが評価され、メタゲーム次第ではメインデッキからの採用も検討されるようになった。

リミテッドでは2マナ3/1でもそこそこの性能なので、前のめりなアグロ系デッキを組むなら2マナ域として採用できる。タフネスが低く相討ちしやすいのが難点であるため、火力ブロッカーを排除したり、ゴブリンの密輸人/Goblin Smugglerと併用するなどして攻勢を維持したい。もちろん運良く白いデッキと当たったときはとても頼りになる。

  • パワー1以下の除去されにくいクリーチャーということで災厄の行進/Cavalcade of Calamityと組み合わせたくなるかもしれないが、解き放たれた狂戦士は3/1として攻撃に参加するので災厄の行進を誘発させることはできない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020プロテクションを持つクリーチャーサイクル。いずれも対抗色1へのプロテクションを持つ。変容するケラトプス/Shifting Ceratopsのみレアで、他はアンコモン

[編集] 参考

QR Code.gif