荒廃を招くもの/Blight Herder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Blight Herder / 荒廃を招くもの (5)
クリーチャー — エルドラージ(Eldrazi) 昇華者(Processor)

あなたが荒廃を招くものを唱えたとき、あなたは追放領域からあなたの対戦相手がオーナーであるカードを2枚、それらのオーナーの墓地に置いてもよい。そうしたなら、無色の1/1のエルドラージ(Eldrazi)・末裔(Scion)クリーチャー・トークンを3体生成する。それらは「このクリーチャーを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(◇)を加える。」を持つ。

4/5

昇華者能力としてエルドラージ末裔トークンを3体も生み出すクリーチャー

条件を達成できれば無色で5マナ7/8相当(あるいは、末裔をマナ換算して2マナ4/5相当)と破格のコスト・パフォーマンスを誇る。ボード・アドバンテージの面で特に優秀で、これ1枚で4体もクリーチャーを展開できる爆発力が大きな魅力。単体除去に強く、トークン生成能力は唱えたときに誘発する能力であるため打ち消しにも強い。単なるトークンではなく末裔・トークンなので一時的なマナ加速にもなり、本体のサイズも十分なため汎用性が高い。

唯一のネックは追放カードを2枚要求されるという点。1枚ならまだしも、2枚となると意識的に対戦相手のカードを追放する手段をデッキにそれなりの数採用しなければならず、スロットを圧迫してデッキ全体が歪みやすくなってしまう。リソース不足から2枚目以降がバニラになってしまう危険性も考慮しなくてはならず、無色のカードではあるが手放しでは採用できない。リミテッド構築問わず、採用する際は嚥下持ちなどを多めに確保し、常に能力を有効に機能させられるような構成を心がけたい。あるいは、登場時のスタンダードに存在する各種探査カードへのアンチカードとしてサイドボードから採用する手も考えられる。

モダンでは墓地を追放する手段が豊富であり、黒単エルドラージの主力の1つ。ゲートウォッチの誓い参入後はよりアグロに寄せたタイプが主流となったため影が薄くなったが、昇華者型のエルドラージデッキで依然として採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif