活生の呪文爆弾/Lifespark Spellbomb

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lifespark Spellbomb / 活生の呪文爆弾 (1)
アーティファクト

(緑),活生の呪文爆弾を生け贄に捧げる:土地1つを対象とする。それはターン終了時まで3/3のクリーチャーになる。それは土地でもある。
(1),活生の呪文爆弾を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。


ミラディン呪文爆弾。効果は動く土地/Animate Landに同じ。

土地が1度だけ3/3クリーチャーになっても通常あまり嬉しくない。オリジナルと違い先置きなので、コンバット・トリックとしても使えない。登場した当時は完全な扱いで、サイクル中でも採用率は最下位だった。

神河物語の登場後は禁忌の果樹園/Forbidden Orchard侵入警報/Intruder Alarmとの無限コンボフォービドゥンアラームが開発され話題になり、神河謀叛後は土地撲滅コンボパーツとしても注目を集めた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディン呪文爆弾サイクル。各起動型能力ドロー能力を持つほぞ

ミラディンの傷跡呪文爆弾サイクル。自身を生け贄に捧げることで起動する起動型能力を持った1マナアーティファクト戦場から墓地に置かれたときに対応する色マナ支払うことで、カードを1枚引ける

[編集] 参考

QR Code.gif